海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 一流シェフのレシピと原材料をお届け!料理に必要なローカル食材を宅配してくれる「SaltedEats」がLAでスタート

Start Up

一流シェフのレシピと原材料をお届け!料理に必要なローカル食材を宅配してくれる「SaltedEats」がLAでスタート

ファンシーなレストランに行き、「こんな美味しいものが自宅でも食べられたら」と誰もが思うだろう。 しかし、料理がさほど得意でない人にとって、レシピを調べて材料も調達して、という過程はあまり楽しいものではない。 そんな時に便...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
SaltedEatsファンシーなレストランに行き、「こんな美味しいものが自宅でも食べられたら」と誰もが思うだろう。

しかし、料理がさほど得意でない人にとって、レシピを調べて材料も調達して、という過程はあまり楽しいものではない。

そんな時に便利そうなサービスが米国ロサンゼルスに登場した。購読制のレシピ共有サービスに使われている食材を自宅に届けてくれる「SaltedEats」だ。

・100%地元産


献立付きの食材を宅配するサービスとしては、米国ではBlue Apronがパイオニア的存在。忙しい現代人のニーズをしっかりつかみ、順調にユーザー数を伸ばしている。

今回のSaltedEatsも基本はBlue Apronと似ているが、最大の違いはローカル食材にこだわっている点。ほぼ100%地元でとれたものを使っているのだという。

SaltedEats2・会員からリクエスト


それから、食材の宅配はオンデマンドというのもBlue Apronとは異なる。

SaltedEatsはもともとSaltedという購読制(月10ドル≒1060円)のオンラインクッキングスクールがベースになっている。Saltedは200人以上のトップシェフの料理が学べるというもので、ここの会員からのリクエストを受ける形で食材宅配のSaltedEatsが誕生した。

つまり、シェフの料理手ほどきビデオを閲覧して刺激を受けたユーザーがそれなりにいることの裏返しでもある。そうした人が、気になるレシピを見つけ、必要な食材を宅配してもらい、ひとつ作ってみよう、となるのは想像に難くない。

SaltedとSaltedEatsの究極の目的は、食を知り尽くしたシェフに教わりながら、ローカル食材を使った美味しい食事と料理を楽しむことにある。

SaltedEatsはロサンゼルスで始まったばかりだが、1年以内に10都市での展開を目指すという。

SaltedEats
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報