海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile iPadで作成した“落書きアニメーション”をスクリーンや壁に投影できる「Tagtool」

Mobile

iPadで作成した“落書きアニメーション”をスクリーンや壁に投影できる「Tagtool」

子どもの頃、ノートや画用紙、チラシの裏などに、落書きを描いて遊んだ記憶がある人もいるだろう。テクノロジーの発展とともに、さまざまな電子デバイスが開発されているが、落書きの仕方にも現代のテクノロジーが取り入れられ、変化が訪...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Tagtool子どもの頃、ノートや画用紙、チラシの裏などに、落書きを描いて遊んだ記憶がある人もいるだろう。テクノロジーの発展とともに、さまざまな電子デバイスが開発されているが、落書きの仕方にも現代のテクノロジーが取り入れられ、変化が訪れているようだ。

オーストリアにベースを置く「Tagtool」は、iPadを用いて落書きを作成できるツール。ユーザーは自分の指を使って、線を書いたり、色を塗ったり、グラデーションをつけたりして、自由に落書きを描くことができる。また、描いたオブジェクトに動きをつけて、アニメーションを作成することも可能だ。

さらに、これらの作成した落書きは、壁や建物など、物体の表面に投影できるため、プレゼンテーションの場などで、大スクリーン上にアニメーションを表示したり、Apple TVを使ってストリーミング再生するなど、効果的に落書きデータを活用することができそうだ。しかも、この「Tagtool」は、Wi-Fiを通じてiPad同士を連動させることができるので、1つのチームとして数人で落書きをアニメーションさせるような、ダイナミックなパフォーマンスも可能になっている。

「Tagtool」は、iPad 2バージョン以降に対応。プロジェクターやテレビ上に、落書きデータを投影して利用する際には、AVアダプターが必要だ。

Tagtool
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報