海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スマホアプリと測定ツールで大気を可視化する、個人ユーザー向けのモニタリングツール「CleanSpace」

Tech

スマホアプリと測定ツールで大気を可視化する、個人ユーザー向けのモニタリングツール「CleanSpace」

大気は、目にみえないため、その汚染状態を把握するには、専用の測定器などが必要。 従来は、限られた地点に公的機関が測定器を設置し、大気の状態をモニタリングするのが一般的であったが、近年、個人ユーザー向けの大気環境測定器が少...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマアプリと大気測定器を組み合わせた「CleanSpace」大気は、目にみえないため、その汚染状態を把握するには、専用の測定器などが必要。

従来は、限られた地点に公的機関が測定器を設置し、大気の状態をモニタリングするのが一般的であったが、近年、個人ユーザー向けの大気環境測定器が少しづつ広がりはじめている。

・大気測定器とスマホアプリを組み合わせた個人向けのツール


大気測定ツール「Tag」英国の実業家で元科学技術大臣のポール・ドレイソン(Lord Drayson)氏は、2015年9月、イニシアチブ「CleanSpace(クリーンスペース)」を創設。

携帯型大気測定ツール「Tag(タグ)」とスマートフォンアプリを組み合わせた、大気環境モニタリングツールを開発した。

「Tag」は、持ち運びしやすいサイズで、いつでもどこでも、大気中の一酸化炭素をリアルタイムで測定。

測定データはBluetoothでスマートフォンに転送され、スマートフォンアプリで、大気の状態がビジュアルでわかりやすく表示される仕組みだ。

「CleanSpace」のスマートフォンアプリは無料でダウンロードでき、「Tag」は75ポンド(約1万1625円)で販売されている。

・クラウドソーシングで大気汚染の状態を広く可視化


各ユーザーが測定したデータは、英国内の大気の状態の可視化にも貢献している。

測定データは、インターネットを通じてデータベースに収集され、「CleanSpace」のオンラインプラットフォームで公開。いわば、ユーザーが“大気測定器”のような役割を担っているのだ。

「CleanSpace」のユーザー数が増えることによって、“大気測定器”の地点が増えていくのはもちろん、これらの測定データが広く共有されることで、大気汚染という深刻な課題への関心を、一般の人々にも喚起できると期待される。

CleanSpace
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報