海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up うわっ、私の家賃高過ぎ!相場が瞬時に算出できるオンラインツール「RentSquare」

Start Up

うわっ、私の家賃高過ぎ!相場が瞬時に算出できるオンラインツール「RentSquare」

不動産の賃貸借においては、オーナー、テナントの双方にとって、より公正な価格で合意するのが理想だが、英国では、一般に、“家賃相場”をはじめ、賃借料を評価するうえで信頼に足る情報が十分でないのが現状。 そのため、英ロンドンで...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
慢性的な住宅不足の課題を抱えるイギリスの首都ロンドン不動産の賃貸借においては、オーナー、テナントの双方にとって、より公正な価格で合意するのが理想だが、英国では、一般に、“家賃相場”をはじめ、賃借料を評価するうえで信頼に足る情報が十分でないのが現状。

そのため、英ロンドンでは、慢性的な住宅不足に陥っているにもかかわらず、賃借料が折り合わずに、長期間、空室のままとなっている物件も少なくないという。

・オープンデータを元に英国の家賃相場を瞬時に算出


「RentSquare(レント・スクウェア)」は、英国内の不動産を対象に、いわゆる“家賃相場”をチェックできるオンラインツール。

英国の家賃相場を自動算出できる「RentSquare」独自のアルゴリズムにより、物件の住所などを指定すると、行政機関などが公開するオープンデータをもとに自動算出される仕組みで、オーナーの収益性を確保しつつ、テナントがまかなうことのできる適正な賃借料が、瞬時に表示される。

また、「RentSquare」では、オーナーとテナントが直接つながることのできるオンラインマーケットプレイスの機能も実装。仲介業者を介さず、当事者間で直接交渉ができるため、賃貸借の取引成立までのプロセスを効率化できるのが利点だ。

・オープンデータの先進的な活用事例


「RentSquare」は、万人に公開され、誰でも自由に利用できるオープンデータを、有効に活用することで、従来、ブラックボックス化しがちだった“家賃相場”を明らかにし、オーナーとテナントの双方にとって、より好ましい条件での取引を実現するのみならず、賃貸市場全体の透明性を高めようとしている点が秀逸。

オープンデータのビジネス分野での活用事例として、先進的なものといえよう。

RentSquare
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報