海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up NASAのデータを活用!月球儀「MOON」は世界一の正確さ

Start Up

NASAのデータを活用!月球儀「MOON」は世界一の正確さ

地球の唯一の衛星である月。この模型、月球儀にNASA(アメリカ航空宇宙局)のデータを活用した「MOON」が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。 NASAの最新データを活用していることに加え、月...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
MOON地球の唯一の衛星である月。この模型、月球儀にNASA(アメリカ航空宇宙局)のデータを活用した「MOON」が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

NASAの最新データを活用していることに加え、月球儀の周りにLEDライトのリングが取り付けられていて、地球から見える月の“表情”を正確に再現するのだという。

・実物の2000万分の1


MOONは月の部分と、アームで支えられているLEDライトリング、それらを支えるベースの3つのパートから成る。

MOON2月の部分は直径17.3センチで、実物の約2000万分の1の大きさ。NASAのデータを基に、クレーターなど表面のデコボコを3Dで再現している。

・自動で“太陽”が一周


そこに、太陽の役割を果たすLEDライトが照射し、そのライトリングを動かすことで、今現在、地球から見える月を浮かび上がらせる。

このリング、手動で動かすモードの他に、29日12時間44分2.8秒かけて自動で一周するモードもある。なので、自分で調整しなくてもいつでも「今日の月」を確認できる。

MOON3汎用性は低いが、「こんなの欲しかった」という人は少なくないようで、Kickstarterでは最安値パッケージはすでに売り切れ。現在は500イギリスポンド(約7万9000円)の出資で入手できる。

天文ファンならずとも、毎日のお月見にいかがだろうか。出資期限は5月13日となっている。

MOON/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報