海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 緻密なアルゴリズムと航空力学の賜物!飛行しながら絵を描くドローン「Flying Pantograph」

Tech

緻密なアルゴリズムと航空力学の賜物!飛行しながら絵を描くドローン「Flying Pantograph」

スピーカータイプや超小型タイプなど、次から次へと新しいものが出てくるドローン。発想次第で、活用範囲はまだまだ広がりそうだ。 今回ご紹介するドローンも、実にユニーク。MIT’s Fluid Interfaces Group...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
flyingpantograph_1スピーカータイプや超小型タイプなど、次から次へと新しいものが出てくるドローン。発想次第で、活用範囲はまだまだ広がりそうだ。

今回ご紹介するドローンも、実にユニーク。MIT’s Fluid Interfaces Groupが開発した、飛行しながら絵を描く「Flying Pantograph」だ。昨年のMIT Media Labのエキシビジョンで披露され、IT関係者から注目を集めている。

・人間の描画行為をドローンに転置


「Flying Pantograph」は、ペンを搭載したドローン。これをWi-Fiで飛ばし、任意の距離から人間が操作する。ユーザーが平らな場所で絵を描くと、ドローンがその動きを読み取り、同じ動作で壁面(あるいはキャンバス)に線を描いていく。

ドローンの動きは、モーショントラッキングを応用したもの。そこに2つの書き込みデバイスをリンクさせることで、機械による描画を可能にしている。人間の描画行為をドローンに転置するというこの技術。一見単純なようで、その内面は実に精緻。緻密なアルゴリズムと航空力学が生み出した、画期的なテクノロジーと言えよう。

・医療分野での活用も期待


flyingpantograph_2開発グループはこのドローンを、芸術はもちろん、他分野でも活用したいと考えている。例えば、医療。身体に麻痺のある患者が目の動きを使って、ホワイトボードにメッセージを書くなど、さまざまな利用法があるという。

ここ最近、悪い面ばかりが取沙汰されているドローン。名誉挽回のためにも、このプロジェクトにはぜひ、頑張ってもらいたいところだ。

Flying Pantograph
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報