海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up プライベートジェット乗り放題サービス「JetSmarter」が欧州に進出!

Start Up

プライベートジェット乗り放題サービス「JetSmarter」が欧州に進出!

プライベートジェットといえば、世界長者番付リストの常連が所有するもの、というイメージがある。 しかし、米国でじわじわ利用客を増やしているのが、プライベートジェットが乗り放題になる会員制サービス「JetSmarter」。ス...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
JetSmarterプライベートジェットといえば、世界長者番付リストの常連が所有するもの、というイメージがある。

しかし、米国でじわじわ利用客を増やしているのが、プライベートジェットが乗り放題になる会員制サービス「JetSmarter」。スマホで路線検索・予約できる手軽さを武器に、このほどヨーロッパに進出するなど勢いに乗っている。

・ファーストクラス以上の快適さ


プライベートジェットの売りは、何と言ってもゆったりとした快適空間が確保できること。

大型旅客機のエコノミー座席のように隣の乗客の足が当たったりすることもなければ、搭乗前に長々と待たされるということもない。つまり、ファーストクラスより数段上の快適さを約束してくれる。

JetSmarterではこうしたサービスを会員になることで無制限に利用できる。

JetSmarter2・計23路線に


JetSmarter は2013年にサービスを開始し、米国ではニューヨークやラスベガス、ロサンゼルスなどを拠点に15路線、中東ではドバイを中心とした3路線を展開。そしてこのほど、ロンドンやパリ拠点の5路線が新たに加わった。

路線が拡張されたことで、既存会員の利便性が向上するのはもちろん、新たな顧客獲得につながりそうだ。

JetSmarter3・高額だけどリーズナブル?


誰でも利用できる、としたが、もちろん富裕層向けのサービスであることは間違いない。会員費用は年間9000ドル(約101万円)。加えて、最初に登録費が3000ドル(約34万円)かかる。

額面だけ見れば高額。しかし、ジェット乗り放題という意味ではリーズナブルと考える人は少なくないようで、JetSmarterによるとこれまでに同アプリは35万回以上ダウンロードされた。

具体的な数字は明らかにしていないが、利用者数は毎月15〜20%ずつ増えているという。

同社は今後、3つのマーケットで拠点を増やしていく方針で、日本などアジアへの進出は今のところなさそう。しかし、アジア特化型の同様のサービスがいつ出てきてもおかしくはなさそうだ。

JetSmarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報