海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise ZTEのレーザープロジェクター付きデバイス「Spro Plus」はLTE対応

Enterprise

ZTEのレーザープロジェクター付きデバイス「Spro Plus」はLTE対応

中国ZTEはこのほど、プロジェクター機能付きデバイスSproシリーズの最新版「Spro Plus」を公開し、今夏にも発売すると発表した。 LEDではなくレーザーを採用することで鮮明な映像を楽しめるほか、Wi-Fiホットス...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Spro Plus中国ZTEはこのほど、プロジェクター機能付きデバイスSproシリーズの最新版「Spro Plus」を公開し、今夏にも発売すると発表した。

LEDではなくレーザーを採用することで鮮明な映像を楽しめるほか、Wi-Fiホットスポット、モバイルバッテリーとしても使うことができる多機能デバイスとなっている。

・既存モデルよりディスプレイが大きく


既存のSpro 2が5インチディスプレイだったの対しPlusは8.4インチと大きくなった。小型化、軽量化の流れに逆行しているようだが、その分、操作性や機能が向上している。

まずディスプレイは2K。そこにアプリなどが表示され、ユーザーはタッチして操作する。UIは直感的なつくりで、また音声コマンドにも対応する。

加えてLTE対応で、Wi-Fiルーターとしても機能するとのこと。

Spro Plus3・2.4メートル先に80インチの巨大映像


プロジェクターとしては、レーザーを活用し、500ルーメンと明るくなったのが特徴だ。オートフォーカス機能付きで、2.4メートル先に80インチの巨大映像をきれいに映し出せるという。

オーディオはJBLのサウンドシステムを採用。さらには1万2100mAhものバッテリーを搭載し、連続6時間プロジェクターを使用できる。ちなみにこのバッテリー、スマホなどの充電にも使える。

ビジネスに、エンターテイメントにと活躍しそうなこのスマートデバイス、今夏にも発売される予定だが価格は未定。

ZTE
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報