海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 有害レベルのUV放射、気体を即検出!肌パッチ感覚で使えるセンサーが実用化へ

Tech

有害レベルのUV放射、気体を即検出!肌パッチ感覚で使えるセンサーが実用化へ

オーストラリアのRMIT University(ロイヤルメルボルン工科大学)で、“伸縮性を保有する特殊なセンサー”が開発されている。 ・有害なUV放射、有毒ガスを検知する“伸縮性センサー” 有害なUV放射や、有毒ガスを検...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
RMITsensorオーストラリアのRMIT University(ロイヤルメルボルン工科大学)で、“伸縮性を保有する特殊なセンサー”が開発されている。

・有害なUV放射、有毒ガスを検知する“伸縮性センサー”


有害なUV放射や、有毒ガスを検知するセンサーで、透明でフレキシブルな構造になっているため、ニコチンパッチのように肌に直接貼り付けたり、洋服に縫い込んだりして活用できるのが特徴だ。

このセンサーは、“RMIT Functional Materials and Microsystems Research Group”に所属するMadhu Bhaskaran氏、ポストドクターのPhilipp Gutruf氏らを中心とするチームが研究開発をおこなっているもの。Philipp Gutruf氏による“フレキシブルで折り曲げられる電子構造”の研究は、モバイルフォンなどに応用されているが、これをさらに進めたものが今回のセンサーだ。

・日焼け止めに用いられる酸化亜鉛を採用


チームでは、センサーに酸化亜鉛を導入。これは細かいパウダー状にされ、よく日焼け止めローションに入れられている成分で、UV感知の素材として採用。1枚の紙の百倍以上の薄さになったコーティング剤として用いられ、非常に高い感度と同時に、折り曲げ可能なフレキシブルさを実現した。

・日常利用するツールとして


RMITsensor2UV波の影響によって引き起こされる異常なホクロは、皮膚がんの一種“黒色腫”の原因となることがある。

将来的に、この伸縮性ウェアラブルセンサーは、日常的に利用するツールへの応用が見込まれている。

例えば、スマートフォンと連動させて、アウトドアや日光浴を楽しんでいる人々が、危険なレベルのUV放射にさらされている場合、アラートを送信してお知らせする、といった具合だ。

また、ガス爆発の要因となる水素漏れなど、有害な気体を検知するツールとして、鉱山や工場などの現場で使われることも期待されている。

ちなみに、このセンサーは丈夫でコストが安くて済むため、大量生産に向いているのも大きなアドバンテージ。市場化が待たれるところ。

RMIT University
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報