海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 子どもの年齢に見合った本を毎月届けてくれる「The Little Book Club」、不要本を引き取って寄贈も

Start Up

子どもの年齢に見合った本を毎月届けてくれる「The Little Book Club」、不要本を引き取って寄贈も

親が幼い子どもにしてあげられる価値あることの1つに読み聞かせがあるだろう。しかし年齢に見合った適切な本を探すのはなかなか難しい。このほど立ち上がったThe Little Book Clubはそこに着目し、米国で子どもの本...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
親が幼い子どもにしてあげられる価値あることの1つに読み聞かせがあるだろう。しかし年齢に見合った適切な本を探すのはなかなか難しい。このほど立ち上がったThe Little Book Clubはそこに着目し、米国で子どもの本の定期宅配サービスを始めた。「同じ本を毎晩読むのは―」と思っているものの多忙で本をなかなか吟味できないという親に代わり、様々なテーマから厳選の3冊を毎月届けるというものだ。

子どもの年齢が6才以下の親の利用を想定している。サイトで登録すると、毎月3冊の本(もしくは本2冊と教材的なもの1つ)が送られてくる。費用は月24.95ドル(送料無料)。本のテーマは月ごとに「色」「恐竜」「アドベンチャー」などとさまざまだ。こうした本は米国教育協会や米国図書館協会などが推薦するものやベストセラー、古典などから選ばれる。

もう1つ、The Little Book Clubの便利な活用法がある。子どもが成長して不要になった本を専用の封筒でThe Little Book Clubに送ると、経済援助を受けている子どもたちへの寄贈を代行してくれる。この寄贈行為に対しては所得控除のレシートも発行される。

現在は米国でのみサービスを展開しているが、今後はカナダ、英国、オーストラリアにも拡大する予定という。

The Little Book Club
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報