海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media ドイツ発写真共有アプリ「EyeEm」の利用者激増、Instagramを脅かす存在に!?

Social Media

ドイツ発写真共有アプリ「EyeEm」の利用者激増、Instagramを脅かす存在に!?

写真共有とフィルタリングのサービスを提供しているアプリ「EyeEm」が、爆発的な勢いで人気を集めつつある。同様のサービスを展開している大御所のInstagramの利用規約変更をきっかけに口コミで広がり、またこうした動きを...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真共有とフィルタリングのサービスを提供しているアプリ「EyeEm」が、爆発的な勢いで人気を集めつつある。同様のサービスを展開している大御所のInstagramの利用規約変更をきっかけに口コミで広がり、またこうした動きをソーシャルフォトグラフィーのブロガーが取り上げるなどして、人気に拍車をかけているようだ。

米国内のiOSランキングを見ると、1月中旬の時点では写真・ビデオ部門で242位だったのが、1週間後にはYouTubeに続く2位に躍り出た。さらに無料アプリ全体の中でも20位に入り、Instagramの22位を上回った。もっとも、Instagramの利用規約変更で競合社のTadaaの利用者も急増しているようだ。

EyeEm共同設立者によると、爆発的人気の直接的きっかけは米国テキサス州の高校によるものらしい。そこから全米に広がり、新規ユーザーがEyeEmのスクリーンショットをInstagramやTwitterに投稿するようになったという。最近では毎日6桁のユーザー登録があり、EyeEmのTwitterフォロワーも3万人から6万3000人へと倍増している。

一方で、10代の若者による写真の投稿が急増している事態にEyeEmのコアユーザー(多くは写真愛好家)は混乱しているのも事実のようだ。

EyeEm
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報