海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 先生と生徒の端末をオンラインベースでつなぐ授業のレスポンスシステム「Top Hat Monocle」、追加で110万ドルの投資資金

Mobile

先生と生徒の端末をオンラインベースでつなぐ授業のレスポンスシステム「Top Hat Monocle」、追加で110万ドルの投資資金

授業は、先生と生徒がいて初めて成り立つものだが、一方的に先生がしゃべるだけの授業は、退屈になりがちである。そこで、生徒からリアクションを引き出す手法は有効かもしれないが、授業中に紙を配布して回収、集計するには時間と手間が...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
授業は、先生と生徒がいて初めて成り立つものだが、一方的に先生がしゃべるだけの授業は、退屈になりがちである。そこで、生徒からリアクションを引き出す手法は有効かもしれないが、授業中に紙を配布して回収、集計するには時間と手間がかかる。そんな授業における、先生と生徒のレスポンスをスムーズにおこなえるよう開発されたシステムが、トロント発祥の「Top Hat Monocle」である。

「Top Hat Monocle」は、PowerPointなどのソフトフェアと合わせて使うことができ、ウェブをベースにしてオンラインで先生の端末と各生徒が持っている端末とを連携させ、先生の端末で指示した動作によって、プレゼンテーションやデモ映像を流したり、ディスカッションを開始&終了させることなどが可能だ。また、生徒に向けてアンケート取ったりクイズを出題することもでき、答えに何通りかの選択肢をあてがったり、単語を直接入力させたり、生徒からのダイレクトな質問を受信できたり、リアルタイムでグラフを表示するなど、生徒からのレスポンスをビジュアル化する、バリエーション豊かなツールになっている。

このようなツールにはプラットフォームの問題がどうしてもつきまとうが、携帯電話、ノートパソコン、スマートフォン、iPodなど、あらゆるデバイスに対応しているのも非常に使いやすい点だ。アンケートなどのリアクションを生徒に促すことで、データを手軽に取得できるだけでなく、授業にメリハリがつき、生徒としても参加している気持ちが強くなり、授業により身が入るかもしれない。

この「Top Hat Monocle」は、昨年800万ドルの投資資金を集め、従業員も20人から70人へと大幅に増加。そして先日さらに追加で110万ドルの投資資金を受けたことを発表した。急成長を遂げている「Top Hat Monocle」の状況を見ると、教育現場の質を高めるニーズが強いことを示しているといえそうだ。

Top Hat Monocle
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報