海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 血糖値測定器をiPhoneにつないでデータ管理できる「Glooko」、グラフ作成機能が米国でも利用可能に

Start Up

血糖値測定器をiPhoneにつないでデータ管理できる「Glooko」、グラフ作成機能が米国でも利用可能に

米国の糖尿病患者に朗報だ。血糖値測定器をiPhoneに直接つないでデータを管理するGlooko社のlogbookアプリは昨年9月に発表されたばかりだが、今回また一歩前進する。これまでヨーロッパでのみ利用できた血糖値データ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の糖尿病患者に朗報だ。血糖値測定器をiPhoneに直接つないでデータを管理するGlooko社のlogbookアプリは昨年9月に発表されたばかりだが、今回また一歩前進する。これまでヨーロッパでのみ利用できた血糖値データをグラフ化する機能が、FDA(米国食品医薬品局)の認可を受け米国でも使えるようになった。

糖尿病患者は血糖値を毎日測定する必要があるが、そのデータを管理する作業は面倒だ。そうした患者の利便性を高めるための血糖値データを管理するログブックアプリはいくつかある。しかしそれらはすべて、データを手で入力しなければならない。そこへくるとGlookoは、患者が使用している血糖値測定器(17機種)と携帯端末をケーブル(別売)でつなぐと、データをアプリに転送できる。また、取り込んだデータをもとに分析しやすいようグラフも作成してくれる便利な機能もある。この機能はこれまでヨーロッパでのみ展開されていたが、このほどFDAの認可を受け米国のユーザーも利用できるようになった。

米国疾病管理センターによると、今や米国国民2500万人超が糖尿病を患っており、率にすると国民の8.3%にあたる。糖尿病予備軍も7900万人いる推定され、Glooko社の存在感は今後増しそうな気配だ。

Glooko
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報