海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 水の量・温度・時間を自動調節!完璧な紅茶を提供するマシン「Teforia」

Start Up

水の量・温度・時間を自動調節!完璧な紅茶を提供するマシン「Teforia」

紅茶やお茶の茶葉を自動で淹れてくれるマシン「Teforia」が今年510万ドル(約6億1000万円)の資金調達に成功し、今後が注目されている。 最大の特長は、独自のSIPシステム(Selective Infusion P...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Teforia紅茶やお茶の茶葉を自動で淹れてくれるマシン「Teforia」が今年510万ドル(約6億1000万円)の資金調達に成功し、今後が注目されている。

最大の特長は、独自のSIPシステム(Selective Infusion Profile System)を搭載しており、茶葉の種類に合った最適な淹れ方をTeforiaが選んでくれるという点。

XBOX360やKindle Fireを手掛けたAllen Han氏がファウンダーであり、デザインも手掛けている。

・とにかくこだわりが強い!SIPシステム


Teforia2

SIPシステムは、Han氏がTeforiaのために独自に開発した技術。

それぞれの品種に最良となる水の量・温度・時間がインプットされており、簡単に美味しいお茶や紅茶が楽しめる。

味だけでなく、サイフォンのような浸出過程を眺ても楽しめるかもしれない。

・スマホとの連動で楽しめる


Teforia3

専用のアプリで、飲みたいお茶を選択すれば、原産地やカフェインの量など細かな情報を得ることが可能。アプリ上で好みを確認しながら、茶葉をブレンドすることもできる。

データベース上にない茶葉であっても、いくつかの質問に答えれば、最適な淹れ方を自動で設定しくれる。

Teforia通常価格は1299ドル。プレオーダーの250台に関しては、699ドル(約8万1000円)での販売となり本販売は2016年春を予定。
紅茶・お茶の愛好家、お茶の淹れ方にこだわる人には、価値のある商品かもしれない。
Teforia
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

WHAT'S NEW

最新情報