海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile さいたま市大宮盆栽美術館監修、盆栽を育てて友人と交流できるアプリ「つい、盆栽。」、Android版もスタート

Mobile

さいたま市大宮盆栽美術館監修、盆栽を育てて友人と交流できるアプリ「つい、盆栽。」、Android版もスタート

食卓に花を飾ったり、リビングに植木鉢を置いたりして、緑を部屋に取り込んで暮らす人は多い。盆栽もガーデニングの一種だが、以前は年寄りの趣味のようにいわれていたものの、近年その価値が見直され、若い人や外国人にも人気を博してい...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
食卓に花を飾ったり、リビングに植木鉢を置いたりして、緑を部屋に取り込んで暮らす人は多い。盆栽もガーデニングの一種だが、以前は年寄りの趣味のようにいわれていたものの、近年その価値が見直され、若い人や外国人にも人気を博している。その盆栽をアプリにしてしまったのが、さいたま市大宮盆栽美術館監修のもと開発された「つい、盆栽。」だ。

先にiPhone版がリリースされていたが、ソーシャルメディアとの連携などを強化したAndroid版のサービスがこのほど開始された。「つい、盆栽。」は、合計21種類の盆栽の中から好きなものを選んで、盆栽の世話をしながら育成を楽しむソーシャルゲーム(全21種類のうち、2種類はシークレット)。

TwitterやFacebookと連携しており、書き込みをすることで盆栽に話しかけたり、盆栽の水遣りや害虫を駆除したりすると「成長ポイント」をゲットでき、毎日盆栽の世話を続けていくと、盆栽が順調に成長していく。また、友だち申請をして承認されると、友だちの盆栽の世話もすることができるようになる。さまざまな課金のアイテムもあり、置物を配置したり、背景をチェンジしたりして、オリジナリティ溢れる盆栽を育てていくことが可能だ。

さらに、さいたま市の観光スポットでチェックインすると、スペシャルアイテムが入手できるといった、リアルの世界とゲームの世界とを連動させたイベントも用意されている。このアプリを通じて、さいたまの伝統芸術「盆栽」がより多くの人に認知され、盆栽という話題を共有して人々が交流を深められるという、大変ユニークな企画だ。「つい、盆栽。」は、無料でダウンロードが可能で、英語版もある。

つい、盆栽。
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報