海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up アプリ検索、共有プラットフォームの「Kinetik」が「HIP」として再スタート

Start Up

アプリ検索、共有プラットフォームの「Kinetik」が「HIP」として再スタート

数多くあるアプリの中から、これというものを探し出すのを手伝ってくれたり、気に入ったアプリを友人と共有したりできるのが「HIP」だ。これまで「Kinetik」としてサービスを展開していたが、このほど名称を「HIP」に改称し...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
数多くあるアプリの中から、これというものを探し出すのを手伝ってくれたり、気に入ったアプリを友人と共有したりできるのが「HIP」だ。これまで「Kinetik」としてサービスを展開していたが、このほど名称を「HIP」に改称し、プラットフォームも一新した。現在は無料だが最終的には有料になる見込みで、興味がある人やKinetikを利用している人は早めにダウンロードした方がよさそうだ。

改称について、CEOは「Microsoft社のKinect(ゲームデバイス)と間違えやすく、Kinetikというスペルもなじみにくいものだったため」と説明する。Kinetikは間もなくサービスを終了するという。

HIPのプラットフォームは、newsfeed、friendfeed、dealsfeedの3つのフィードから構成される。dealsfeedでは、セール中または無料のアプリが表示され、friendfeedではFacebookやTwitterでつながっている友人のおすすめ情報が閲覧できる。そしてnewsfeedではブログやApp Storeで紹介されているアプリのレビューを読むことができる。自身がインストールしたアプリの一覧を作成することもでき、気に入ったアプリを友人に紹介するのも数回タップするだけと簡単だ。

HIPはGoogle PlayとApp Storeでダウンロードでき、iOS版はiPhone 5に最適化している。

HIP
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報