海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 将来、コンピューターの処理速度は“光の速さ”が常識になる?!革新的な技術に注目集まる

Tech

将来、コンピューターの処理速度は“光の速さ”が常識になる?!革新的な技術に注目集まる

現在、ユタ大学に所属するコンピューターエンジニアたちのチームが、既存のデータ解析の概念を覆すような、新たな通信方式について研究を進めている。 ・現状の数千倍、光の速さでデータ解析が可能に この技術が実用化されれば、スーパ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
beamsplitter現在、ユタ大学に所属するコンピューターエンジニアたちのチームが、既存のデータ解析の概念を覆すような、新たな通信方式について研究を進めている。

・現状の数千倍、光の速さでデータ解析が可能に


この技術が実用化されれば、スーパーコンピューターは現状の数千倍の早さでデータ解析できるようになり、光の速さでデータ通信がおこなえるようになるという。

・電子の代わりに光子を用いる


従来、コンピューターのデータ解析には、ワイヤーで接続された領域において、電子の受け渡しをする手法が用いられてきた。

研究チームでは、電子の代わりとして光子(フォトン)に注目。独自の超コンパクトサイズのビームスプリッターを開発した。

・超小型スプリッターで、髪の毛の50倍も細い光のビームを生成


このスプリッターを使うことで、髪の毛の50倍も細い光のビームを生成することが可能になるという。また、スプリッター自体が非常に小型なので、1つのコンピューターチップ内に、何百万という数を設置することができるのが大きなメリット。

・1度電子に変換するプロセスが不要に


開発チームのRajesh Menon氏によると、通常は、送られてきた情報は電子に変換して、コンピューターに読み取らせる必要があるが、この変換には処理時間がかかり、ペースがスローダウンする原因となるという。

新開発のスプリッターを用いることで、電子に変換せず、すべてを光子の状態で処理できるようにするのが大きな目的。

・3年以内の実用化が目標


チームでは、少なくとも3年以内に、スーパーコンピューターや巨大なデータ解析センターなどに導入できるようにしたい意向だ。

将来的には、一般ユーザーにも身近なスマートフォンやタブレットなど、もっとスケールが小さいガジェットに活用されることも期待される。

・超速度の通信が実現、バッテリーのロスも少なく


光子から電子に変換するプロセスを省くことで、現在の常識を塗り変える超速度の通信スピードに加え、バッテリーのロスも削減することができるだろう。この未来的な技術の実現が待ち遠しいところ。

University of Utah beamsplitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報