海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 超小型の電子デバイスに有用!外部電源不要、薄さ10μmのマイクロバッテリーが登場

Tech

超小型の電子デバイスに有用!外部電源不要、薄さ10μmのマイクロバッテリーが登場

どんどん小型化する電子デバイス。それに伴い、デバイスに用いられる内部バッテリーも、パフォーマンスはキープしつつ、さらなる小型化が求められるようになっている。 ・超小型ながら、高出力の3Dマイクロバッテリーが開発中 工学博...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
3Dmicrobatteryどんどん小型化する電子デバイス。それに伴い、デバイスに用いられる内部バッテリーも、パフォーマンスはキープしつつ、さらなる小型化が求められるようになっている。

・超小型ながら、高出力の3Dマイクロバッテリーが開発中


工学博士Paul Braun氏らが所属するイリノイ大学の研究チームでは、そのような時代の流れを受けて、マイクロサイズながらハイパワーの、特殊な3Dマイクロバッテリーの開発を進めている。

・3D、2Dフォトリソグラフィ技術を組み合わせ


このマイクロバッテリーには、3Dホログラフィーのリソグラフィと、2Dのフォトリソグラフィを組み合わせた技術が使われている。

独自の仕組みによって電極構造のコントロールを可能にし、さまざまなデバイスに合わせて、調整を施しやすい点が大きな特徴。

・バッテリーの薄さは、たったの10μm


3Dmicrobattery2マイクロバッテリーは、薄さはたったの10マイクロメートルしかないものの、LEDを点灯させるに十分な0.5ミリアンペアものエネルギーを生み出すことができるという。

・さまざまな分野で、小型電子デバイスに活用できる


この技術が実現されれば、マイクロサイズのさまざまなデバイスに搭載可能になる。

超小型のバッテリーでありながら、かつ外部電源に接続する必要がない、独立したパワーソースとして活用できるわけだ。

小型デバイスの作動装置、送信回路、ワイヤレスセンサー、モニターのほか、人体内に導入する医療デバイスなどに、幅広く有効利用できるだろう。

・スマート家電や、小さいオブジェクトにも


また、スイッチや電灯、冷蔵庫といったスマート家電に導入することで、効率的なワイヤレス接続を可能にしたり、車のキーなどの小さなオブジェクトにも活用が見込める。いち早い実用化が待たれるところ。

University of Illinois 3D microbattery
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報