海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 位置情報をオンにするだけでポイントを貯めて慈善団体に寄付できるアプリ「Give 2 Charity」登場

Mobile

位置情報をオンにするだけでポイントを貯めて慈善団体に寄付できるアプリ「Give 2 Charity」登場

GPS機能が付いているスマートフォンの普及に伴い、位置情報を使ったサービスが次々と開発されている。しかしこのほど発表された「Give 2 Charity」は少し変わり種だ。このアプリを使って位置情報をオンにするだけでポイ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
GPS機能が付いているスマートフォンの普及に伴い、位置情報を使ったサービスが次々と開発されている。しかしこのほど発表された「Give 2 Charity」は少し変わり種だ。このアプリを使って位置情報をオンにするだけでポイントを稼ぐことができ、貯めたポイントで赤十字社などの慈善団体に寄付できるようになっている。

このアプリは、現在Androidでのみサービスを展開しているが、間もなくiOSでも利用できるようになる。使い方は簡単だ。アプリをインストールし、いくつかの質問に答えた後、位置情報をオンにする。これだけで端末を持ち歩くたびにポイントが付与される。また、このアプリをSNSでシェアしたり、友達にすすめたりすることでボーナスポイントも獲得できる。貯まったポイントは、例えば3500ポイントで米赤十字社や米ヒューマンソサエティなどの団体に10ドル寄付できる。

気になるのはユーザーの位置情報がどう扱われるかだが、同アプリで集められた位置情報は分析用として使われる。個人のレベルで分析したり、あるいは広告に使われたりすることはないという。

同アプリは、米シアトルに拠点を置くPlaced社のサービスだが、Give 2 Charity同様に位置情報で稼いだポイントに応じて“ご褒美”がもらえるアプリPanelも10月から展開している。こちらはすでにダウンロード数が25万回を超えたという。

Give 2 Charity
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報