海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile ビデオチャットでプロの料理人から直接アドバイスを受けられる「Talk to Chef」

Mobile

ビデオチャットでプロの料理人から直接アドバイスを受けられる「Talk to Chef」

向上心の強い料理愛好家なら、一度はプロに直接手ほどきを受けてみたい、なんて思ったこともあるかもしれない。 ・一般ユーザーとプロの料理人をつなぐプラットフォーム 「Talk to Chef」はそんな希望をかなえてくれる、一...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
TalktoChef向上心の強い料理愛好家なら、一度はプロに直接手ほどきを受けてみたい、なんて思ったこともあるかもしれない。

・一般ユーザーとプロの料理人をつなぐプラットフォーム


「Talk to Chef」はそんな希望をかなえてくれる、一般人とプロの料理人の橋渡しをする新しいネットワークプラットフォームだ。

・ビデオチャットでリアルタイムのコンサルタント


Skypeのようなビデオチャットを通じて、リアルタイムで料理のアドバイスを受けられるという。

TalktoChef2ユーザーはまず、無料のアプリをダウンロードし、自分のプロフィールを作成する。

次に、ページ中央にある“Hotline”ボタンを押し、料理の種類、調理方法、食品などのカテゴリに応じて、料理人をデータベースから検索する。

そして、希望に沿った該当の料理人がヒットすると、すぐに双方向のビデオチャットを開始できる。

ユーザーは料理についての質問を直接プロの料理人に投げかけ、リアルタイムで会話をしながら、専門家のアドバイスを受けられる。

・支払い金額は自分で決める


セッションが終わると、ユーザーは内容を評価して、自由意志で報酬を支払うというユニークなシステムになっているのが大きな特徴だ。

・料理人の側もプロフィールなどを登録


料理人の側でも、得意料理、扱える食材といった情報を盛り込んだ、自身のプロフィールを作成する。次に、PayPalや銀行振込など、報酬の受け取り方法を決定しておく。

TalktoChef3そして、“Turn Chef mode”ボタンを押すと、ライブチャットの待機状態に入る。

・クライアントが見つかるとアラートでお知らせ


クライアントが見つかると、アラートが送られてきてお知らせ、そのままセッションを開始する、という流れだ。

ちなみに調査によると、ユーザーの34%がコンサルタント料として、1分あたり0.5ドルの支払いをしてもよいと答えているという。

「Talk to Chef」自体は、1回のセッション成立ごとに、約15%の手数料を徴収する収益システムをとっている。

・双方にメリット


一般ユーザーは専門家に直接質問ができる環境を得られ、料理人は空いた時間にプラスの収入が見込めるようになる。近くて遠い両者を結びつける、ユニークなサービスといえそうだ。

Talk to Chef
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報