海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 200ドル以下!Apple元CEOが手がけた高コスパのスマホに大注目

Mobile

200ドル以下!Apple元CEOが手がけた高コスパのスマホに大注目

ハイエンドなスマートフォンもいいが、機能はそこそこに手の届く価格のスマホが欲しい。 発展途上国を中心に、そうした“ミドルクラス・スマホ”の需要は大きい。それに応えるべく、米国のスタートアップObiがこのほど発表したのが、...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Obiハイエンドなスマートフォンもいいが、機能はそこそこに手の届く価格のスマホが欲しい。

発展途上国を中心に、そうした“ミドルクラス・スマホ”の需要は大きい。それに応えるべく、米国のスタートアップObiがこのほど発表したのが、200ドル以下のスマホ「Worldphone」だ。

・スペックに差をつけた2種類


Appleの元CEO、ジョン・スカリー氏が共同創設者を務めることでも注目を浴びているObiだが、今回、発表されたのは4GやLTEに対応する「SF1」と、2G・3G 用の「SJ1.5」の2種類。

どちらも、OSにはAndroidのLollipopを使用し、スクリーンには高強度のゴリラガラスを採用。マイクロSDカードスロットを備え、デュアルSIMカードにも対応する。

Obi3・カメラ、音質も遜色なし!


スペックはというと、SF1の方がフルHDのディスプレー。ストレージメモリは16、32GBから選べる。

カメラの性能は、背面1300万画素、前面500万画素。また、Dolby Soundを搭載し、音質も高めているとのこと。

これだけの機能を搭載して、価格は16GBが 199ドル、32GBは249ドルとなっている。

一方、SJ1.5は、ディスプレーやカメラのスペックがSF1にはやや劣るが、その分119ドルとさらに安くなっている。

Obi2・新興国向けに


これらは10月に発売され、アジアやアフリカ、中東などの新興マーケットに投入し、主に若い世代にアピールするとのこと。

求めやすい価格を武器に、iPhoneの新たなライバルとなりそうだ。

Obi Worldphone
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報