海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 誰でも手軽にスマホで3Dスキャンが可能に!1m㎡より小さいカメラチップがスゴイ

Tech

誰でも手軽にスマホで3Dスキャンが可能に!1m㎡より小さいカメラチップがスゴイ

3Dプリンターが各家庭にも手が届く技術となってきた昨今。それとともに注目が集まるのが、3Dスキャナーだろう。 とはいえ、3Dスキャンのためには専門的な機材を用意する必要があったり、なかなか一般の人が日常で利用するのは難し...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Caltech3Dプリンターが各家庭にも手が届く技術となってきた昨今。それとともに注目が集まるのが、3Dスキャナーだろう。

とはいえ、3Dスキャンのためには専門的な機材を用意する必要があったり、なかなか一般の人が日常で利用するのは難しい面もある。

・新しいカメラチップで、スマホで3Dスキャンが可能に


科学やエンジニアの研究機関「Caltech」に所属するAli Hajimiri氏らのチームでは、スマートフォンで3Dスキャンができるようになる、超小型の新しいカメラチップを開発している。

・ミクロンレベルまで正確に再現


“nanophotonic coherent imager(NCI)”という技術が採用されていて、これまでの3Dスキャナーと比べても、対象を非常に正確にスキャンし、ミクロンレベルまでオリジナルのレプリカを構築できるという。

・レーザーを照射して物体を測定


“LIDAR”という技術が用いられており、対象物にスキャニング用のレーザービームの光を当てる。そして物体から反射される光を分析し、光の強度やシグナルの頻度を測定する。

これにより、物体までの距離、高さ、幅、奥行きといった物体のサイズをキャッチ。キャッチしたデータをもとに、同時にNCIが画像を再現していくという流れだ。

・超小型のシリコン製のチップ、コストも安い!


カメラチップはシリコンでできていて、なんと1平方ミリメートル以下という小ささ。この大きさなら、スマートフォンや小型のデバイスに搭載することもできる上、わざわざ専用のハードウェアを用意する必要もない。しかもチップ製造にかかるコストも安いので、大量生産にも向いている。

1ペニー硬貨を使ったスキャニングテストがすでに行なわれているが、開発チームでは、今後より大きな物体にも対応できるようにしたい意向。

近い将来、このチップがスマートフォンに当たり前のように実装される日が来るかもしれない。

Caltech
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報