海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 日本語など35言語・方言に対応する音声翻訳の「Vocre」、Android版アプリも登場

Mobile

日本語など35言語・方言に対応する音声翻訳の「Vocre」、Android版アプリも登場

スマートフォンなどに音声を吹き込むと自動翻訳してくれるアプリ「Vocre」。旅先で地元の人と意思疎通をはかりたいときや、会議の場で活躍している。そのVocre、これまでiPhoneやiPadなどiOSのみに対応していたが...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォンなどに音声を吹き込むと自動翻訳してくれるアプリ「Vocre」。旅先で地元の人と意思疎通をはかりたいときや、会議の場で活躍している。そのVocre、これまでiPhoneやiPadなどiOSのみに対応していたが、このほどAndroid版アプリの展開も始めた。

使用するには、まずアプリをダウンロードし、翻訳する言語を2つ選択する。そして「話す」ボタンを押して音声を吹き込むと、希望する言語へと自動翻訳してくれる。例えば、英語から日本語へと翻訳したい場合、英語で「Hello!」と吹き込むと、アプリが「こんにちは!」と翻訳した日本語を読み上げる仕組みだ。

iOS版とAndroid版のインターフェースの違いはほとんどないが、Android版では吹き込んでいる音声をアプリが聞き取っているかどうかを画面で確認することはできない。また、Android版ではベトナム語に対応していない。

新アプリはGoogle Play Storeでダウンロード可能。価格はiOS 版と同じ2.99ドル。

Vocre
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報