海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ソーラーエネルギーをシェア!Airbnb型プラットフォーム「Yeloha」が誕生

Start Up

ソーラーエネルギーをシェア!Airbnb型プラットフォーム「Yeloha」が誕生

太陽光発電は、代表的な再生可能エネルギーとして有望視されてきたが、まだ十分に活用されているとは言いがたい。 エネルギー研究所(IER)によると、米国で、太陽光発電が全電力量に占める割合は、わずか0.4%にとどまっている。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソーラーパワーをシェアするプラットフォーム「Yeloha」 Yeloha Inc. © 2015太陽光発電は、代表的な再生可能エネルギーとして有望視されてきたが、まだ十分に活用されているとは言いがたい。

エネルギー研究所(IER)によると、米国で、太陽光発電が全電力量に占める割合は、わずか0.4%にとどまっている。

・ソーラーエネルギー版“Airbnb"が誕生


2015年6月に創設された「Yeloha(ヤロハ)」は、居住地の条件や所得レベルによらず、誰もが太陽光エネルギーを利用できるようにするためのP2P型オンラインプラットフォーム。

空き部屋マッチングサイト「Airbnb」のように、一般家庭の屋根で発電した太陽光エネルギーを供給する“ホスト”と、これを消費する”利用者”とを結びつけ、必要なエネルギーを融通し合う仕組みとなっているのが特徴だ。

Yelohaの仕組み。Yeloha Inc. © 2015Yelohaは、比較的日当りがよく、太陽光発電に適した家屋に、ソーラーパネルを無償で設置。

ソーラーパネルが設置された世帯は「Sun Host(サン・ホスト)」と呼ばれ、自宅の屋根で発電されたエネルギーのうち、25〜30%程度を、無料で利用できる。

残りのエネルギーは、Yelohaを通じて、「Sun Partner(サン・パートナー)」と呼ばれる利用者に割安な価格で売却。

マンション居住者など、ソーラーパネルを所有していない人でも、太陽光エネルギーを利用し、これによって、電気料金を従来よりも低く抑えられるというわけだ。

・再生可能エネルギーの分野にもシェアリング・エコノミーの波?


Yelohaは、現在、マサチューセッツ州のみで展開しているが、順次、全米に対象エリアをしていく方針。


シェアリング・エコノミー(共有経済)のコンセプトを再生可能エネルギーの分野に応用しようという取り組みとしても、今後の動向が注目される。


Yeloha

Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報