海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile iPhoneで撮影した写真で顔認証し、ユーザー情報を呼び出す新アプリ「Cardign」がローンチ

Mobile

iPhoneで撮影した写真で顔認証し、ユーザー情報を呼び出す新アプリ「Cardign」がローンチ

インターネットを通じて、たくさんの便利なサービスが利用できるようになったが、各サイトやサービスにログインするために、いちいちIDやパスワード、名前などを入力するのは面倒なもの。ただ、カナダのトロントで発表されたiPhon...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットを通じて、たくさんの便利なサービスが利用できるようになったが、各サイトやサービスにログインするために、いちいちIDやパスワード、名前などを入力するのは面倒なもの。ただ、カナダのトロントで発表されたiPhoneアプリ「Cardign」があれば、もっと手軽に個人認証がおこなえそうである。

「Cardign」は、iPhoneのカメラで撮影した写真をもとに顔認証をおこない、ユーザーの詳細情報を呼び出せるツール。利用方法もとても簡単だ。ユーザーはアプリをダウンロードした後、3枚の顔写真を撮影し、認証情報をデータベース内に登録するだけ。この顔認証ツールがあれば、認証が必要なソーシャルシステム利用の際などに、面倒な登録やログインの手間もない。

また、「Cardign」を通じてコンタクトを取った相手を、「Cardign」専用のアドレス帳に登録することができるため、iPhoneにもとから搭載されているアドレス帳と、上手に使い分けることも可能だ。さらに、「Cardign」のアドレス帳に登録されているメンバーが、電話番号や職業、ソーシャルメディアのプロフィールを変更した場合、自動的にアドレス帳の情報を更新してくれるという便利な機能も実装されている。

また、このアプリの面白いところが、いつどこでほかのユーザーが「Cardign」を経由してミーティングをおこなっているのか、アプリを通じて知ることができる点だ。ただし、今後プライバシー調整機能が追加される可能性もあるという。

Cardign
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報