海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 本物のペンで、ロボットが文字を“手書き”!微妙なニュアンスを再現

Start Up

本物のペンで、ロボットが文字を“手書き”!微妙なニュアンスを再現

emailやSMSなど、どんなに便利な通信テクノロジーが普及しても、やはり手書きの手紙をもらうと嬉しいものだ。 ・“手書き文字”を再現するロボット そんな手書き文字ならではのよさと、最新のロボット技術を組み合わせようとい...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
BondemailやSMSなど、どんなに便利な通信テクノロジーが普及しても、やはり手書きの手紙をもらうと嬉しいものだ。

・“手書き文字”を再現するロボット


そんな手書き文字ならではのよさと、最新のロボット技術を組み合わせようという試みが、ニューヨーク発の「Bond」というサービス。

昨秋にローンチしたばかりの「Bond」では、人間の手書き文字の様式を再現する、特殊なロボットを用いている。人間の書く文字のニュアンスを表現するため、ロボットも実際にペンを使って文字を書くという。

・さまざまな字体、様式を選べる


Bond2選べる字体は全17種。手書きのラフ感があるものから、子どもの落書きのようなもの、流麗なものまでさまざまだ。

プリントするカードも、シンプルなタイプから模様付き、ビジネスライクなものまで取り揃えられ、用途に合わせて自由に選ぶことができる。

・スマホからオーダー可能


オーダー手順はとてもシンプル。ユーザーは手元のスマートフォンからテキストを入力し、カードタイプ、字体を選んでオーダーを完了するだけ。カード1枚につき2.99ドル~というお手ごろ料金も嬉しい。

・ユーザーの“手書き”を学習させることも


Bond3さらに追加オプションで、自分の手書きテキストをアップロードし、「Bond」のロボットに学習させることもできるという。

個人独特の手書きのニュアンスを学び取り、必要に応じて呼び出せる。ちなみに、このオプションは199ドルで利用可能。

・個人でもビジネスでも


もちろん、個人がウェディングやパーティの案内状などの送付に利用してもよいし、ビジネスシーンで、大量の顧客に“手書き風”のちょっと味わいがあるテキストのダイレクトメールを送る……なんていう利用法もありそうだ。

味気ないemailが氾濫する現代だからこそ、“手書き文字”でちょっと他と差をつけてみては。

Bond
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報