海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up まるでシェフ!自動で食材を自動で見分け調理してくれる“スマートオーブン”とは?

Start Up

まるでシェフ!自動で食材を自動で見分け調理してくれる“スマートオーブン”とは?

さまざまな家電がスマート化されつつある昨今だが、このほど発表されたのはコンピューターを搭載したスマートオーブン「June」。 カメラやWi-Fi機能も搭載していて、ユーザーは専用アプリで焼き加減などをチェックすることもで...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Juneさまざまな家電がスマート化されつつある昨今だが、このほど発表されたのはコンピューターを搭載したスマートオーブン「June」。

カメラやWi-Fi機能も搭載していて、ユーザーは専用アプリで焼き加減などをチェックすることもできる。

・Wi-Fiで端末と連携


Juneを開発したのは、AppleやGoPro、Googleなどで働いていたエンジニアやデザイナーたち。

Juneはカウンタートップ型で、見た目は電子レンジのよう。しかし、内部にはHDカメラがあり、端末とはWi-Fiでつながり、食材の自動計量や、温度のモニタリングもできる。

June2・焼き加減も自動調整


このオーブンの目玉とも言えるのが、「Food ID」機能だ。

例えば、ステーキを焼くとしよう。オーブン板に並べて入れるだけで、Juneは「肉」と認識する。

さらに、「レア」「ミディアム・レア」「ミディアム」など、焼き加減を選ぶことができる。

あとはJuneが自動で重さを計り、肉の中の温度をモニターしながら理想の焼き加減にしてくれる。

June3・レシピも豊富


もし調理の様子を知りたかったら、庫内の映像をスマホなどの端末で見ることも可能。

できあがったら端末にアラートが送られるので、調理をJuneに任せている間に別のことができるのも便利だろう。

また、アプリ内には何千ものレシピが用意されていて、日々の献立作りに活躍しそうだ。

まさに、シェフとなってくれるこの賢いオーブン、現在1495ドルで予約を受け付けている。

発売は来春を予定しており、米国外からの注文対応も現在検討中のようだ。

おいしいものを食べたい、料理を手短に済ませたい、という人はぜひチェックしてみては?

June
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報