海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 気象予報をもとに、向こう3日間のフライト遅延の可能性を知らせてくれる「KnowDelay」

Start Up

気象予報をもとに、向こう3日間のフライト遅延の可能性を知らせてくれる「KnowDelay」

どんなに楽しみにしている旅行でも、大事な出張でも、飛行機が遅延してしまったら台無しになってしまうだろう。アメリカ連邦運輸省の統計によると、飛行機遅延の原因の半分は天候によるものだという。そんな旅行者にとって悩ましい天候遅...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
どんなに楽しみにしている旅行でも、大事な出張でも、飛行機が遅延してしまったら台無しになってしまうだろう。アメリカ連邦運輸省の統計によると、飛行機遅延の原因の半分は天候によるものだという。そんな旅行者にとって悩ましい天候遅延によるトラブルを回避する手助けをしてくれるツールが、「KnowDelay」である。

「KnowDelay」は気象予報をもとに、向こう3日間の飛行機遅延を予測してくれる。ユーザーはあらかじめ、自分のフライト予定の便を「KnowDelay」で登録しておく。そうすると、赤色の場合は60%確率で30分以上の遅延、黄色の場合は40%、緑色の場合は6%以下の確率でフライトが遅延する可能性があることを示し、色別のわかりやすい表示で予測結果を知らせてくれる。また、情報の正確さは90%程度とのことで、かなり信頼できそうだ。

旅行やフライトなどの予約サイトとして有名な「Last-minute」では、このサービスを導入しており、サイトの利用者は、支払いを確定する前にフライトの遅延チェックをすることができるようになっている。

さらに「KnowDelay」では、アメリカ国内の主要な36の空港の情報を網羅しているため、遅延する可能性が高い便について、代替プランを提案してくれるというから、まさに至れり尽くせりのサービスといえそうだ。

KnowDelay
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報