海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 「手のどの部位が画面に触れているのか」まで認識できる、注目の新テクノロジー「FingerSense」

Mobile

「手のどの部位が画面に触れているのか」まで認識できる、注目の新テクノロジー「FingerSense」

駅の券売機のタッチパネルやスマートフォン、タブレット端末などの台頭により、パネルをタッチして電子機器に指示を与えるツールはぐっと身近になった。その操作は基本的に、人間の指先を使って動かしているが、Qeexoが開発した「F...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
駅の券売機のタッチパネルやスマートフォン、タブレット端末などの台頭により、パネルをタッチして電子機器に指示を与えるツールはぐっと身近になった。その操作は基本的に、人間の指先を使って動かしているが、Qeexoが開発した「FingerSense」の技術は、既存の技術から一歩抜きん出ているものといえそうだ。

「FingerSense」は、ただ単にスクリーンへの接触を認知するだけではなく、「人間の手のどの部分が触れているのか」というところまで認知できる。指先、爪、指関節など、どの部位が触れているのかを認識するほか、プラスチックのペンツールのようなものも認識することが可能だ。この性質を活用することで、たとえば、「指関節でタップした場合には、オプションメニューが出る」、「爪で2度タップした場合には、○○のアプリが起動する」といったように、1つの動作に特定の機能を連携させることができ、ツールの動作の幅が大きく広がるようになる。

いちいちアイコンを呼び出したり、メニューから選択するような手間が要らなくなり、動作1つで簡単に機能を呼び出すことができるようになれば、スマートフォンの扱いがますますスムーズに、快適になることだろう。

FingerSense
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報