海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech メモリー圧迫防止!使っていないタブを“スリープ状態”にするChromeの新拡張機能

Tech

メモリー圧迫防止!使っていないタブを“スリープ状態”にするChromeの新拡張機能

私たちの生活に欠かせないインターネット。いくつものタブを同時に出しながら、作業をしている人は多いのではないだろうか。 しかし、たくさんのタブを出しっぱなしにしておくと、メモリーを圧迫して、コンピューターの動作がスローダウ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
GreatSuspender私たちの生活に欠かせないインターネット。いくつものタブを同時に出しながら、作業をしている人は多いのではないだろうか。

しかし、たくさんのタブを出しっぱなしにしておくと、メモリーを圧迫して、コンピューターの動作がスローダウンしてしまう、なんてこともある。

・Google Chromeの新拡張機能


そんな問題を解決するため、Google Chromeに新しい拡張機能が追加された。使っていないタブを一時的に待機状態にしておける「The Great Suspender」という機能で、インストールするだけですぐ使えるようになる。

・待機状態にする期間も自由に設定可能


ユーザーは、どのタブをスリープ状態にするか選択したり、20秒~3日間まで、どれくらいの期間休止状態にしておくか、自由に設定することができる。

・設定期間を過ぎるとお知らせ


GreatSuspender2スリープ状態になっているタブは、ユーザーが設定した期間が経過すると、“Tab suspended”という青色の表示になってお知らせしてくれる。

クリックするだけでいつでも、アクティブ状態に戻すことが可能だ。

・便利なカスタム機能も


また“whitelist”という機能も用意されていて、SNSなどユーザーが好きなウェブサイトがスリープ状態にならないよう設定することもできる。

マニュアル、オートの設定のほか、“ネットに接続しているときだけ”“バッテリーを消費するときだけ”、タブがスリープ状態になる、といったカスタマイズも可能だという。

待機状態になっているタブも、可視化して見やすく、再アクセスが容易なのは便利なところ。ネットユーザーには、非常に有益な機能だろう。

The Great Suspender
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報