海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media 世界中の血縁者を見つけて、家系図を作成するコミュニティプラットフォーム「MyHeritage」

Social Media

世界中の血縁者を見つけて、家系図を作成するコミュニティプラットフォーム「MyHeritage」

時代劇などを観たり、歴史を学んだりしていると、たびたび注目されるのが一族の家系図だ。誰が誰の子どもで、従兄弟は誰で…など、相関関係がわかると見方も変わるが、実際自分の身に置き換えてみると、自身の家系はどうなっているのか、...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
時代劇などを観たり、歴史を学んだりしていると、たびたび注目されるのが一族の家系図だ。誰が誰の子どもで、従兄弟は誰で…など、相関関係がわかると見方も変わるが、実際自分の身に置き換えてみると、自身の家系はどうなっているのか、気になってはこないだろうか。

イスラエルの企業MyHeritageが手がける社名と同じサービス「MyHeritage」は、家系図を作成するウェブサイトで、現在2500万ドルの投資資金を集めている。この「MyHeritage」は個人のデータを入力するだけで、サイト内の何十億ものデータの中から古い血縁者を探し出し、家系図を作成してくれる。血縁にあるユーザー同士は、お互いにフォローしたり、写真やメッセージをシェアすることが可能だ。現在このサイトには、7200万のユーザーが登録しており、150億のプロフィール、2700万の家系図がある。また、1ユーザーにつき平均16人の血縁メンバーがいるという。

さらに、「MyHeritage」が特徴的なのは、グローバルな展開を見込んでいるため、英語だけでなく、40の言語で利用できるという点だ。もちろん、日本語にも対応している。また、このプラットフォームは基本的に無料で利用可能だが、年間利用を購買すると追加機能が使えるようになり、血縁メンバーをコミュニティに招待することができるようになる。

個人同士がソーシャルネットワークでつながるのが当たり前になった時代だが、バーチャルなネットワークを介して、リアルの血縁者を世界中から探し出してつながることができるという、この新しい発想の「MyHeritage」。ネットワークがどんどん広がっている今、目が離せないサービスになりそうだ。

MyHeritage
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報