海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 【世界初】“振動”でリズムを刻む、ウェアラブル・メトロノームがカッコイイ

Mobile

【世界初】“振動”でリズムを刻む、ウェアラブル・メトロノームがカッコイイ

音楽を演奏するときに、ビートを保つことは非常に大事である。とはいえ、本番中にメトロノームを置いてリズムをキープするわけにもいかない。 ・世界初、音楽家のためのウェアラブル 今回紹介する「Soundbrenner Puls...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
SoundbrennerPulse音楽を演奏するときに、ビートを保つことは非常に大事である。とはいえ、本番中にメトロノームを置いてリズムをキープするわけにもいかない。

・世界初、音楽家のためのウェアラブル


今回紹介する「Soundbrenner Pulse」は、そんな音楽家たちをサポートするためのデバイス。音を鳴らして一定のリズムを刻む普通のメトロノームとは違い、いわば“振動メトロノーム”とでもいうべき、ウェアラブルデバイスなのだ。

・Indiegogoでキャンペーン開催中


ベルリンの音楽家たちによって結成されたSoundbrennerというチームが開発しているもので、現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催している。

・振動でリズムを伝える


スタイリッシュな見た目の「Soundbrenner Pulse」は、ユーザーの腕や足に装着する音楽ウェアラブル。大きさは、一般的なスポーツ時計より少し大きいくらいだ。

振動という触覚的なフィードバックとして、ユーザーに正確なリズムを教えてくれる。その強さは、スマートフォンのバイブレーションと比べると、最大6倍の強さだという。

・専用のスマートフォンアプリを用意


「Soundbrenner Pulse」はBluetoothに対応しており、専用のSoundbrennerアプリを通じて、スマートフォンと連動する。1台のスマートフォンで、最大10の「Soundbrenner Pulse」デバイスをコントロールすることが可能。バンドの各メンバーと同期し、グループで同じリズムを保ち、練習や本番に生かすことができるだろう。

・表面をタップしてリズムを入力


SoundbrennerPulse2「Soundbrenner Pulse」には、BPM (beats per minute) Tap機能があり、デバイス表面をタップするとタッチセンサーが作動し、アルゴリズムがタップされたテンポをキャッチして、振動リズムへと変換する。

他にも、本体のホイール部分を回す方法、アプリを通じて、ビートの数値を調節する方法もあるという。感覚的な操作がよいのか、きっちり数値で調整したいのかは、ユーザーの好み次第。

・LEDライトで好みのカラーに


また、このデバイスにはLEDライトが内蔵されていて、ビートと連動して明滅するようになっている。ライトの色は赤、黄、青など好きな色を選択可能なので、好みや気分に合わせてチェンジできる。

逆に、目立たないよう“discreet”モードにすることも可能。パフォーマンスのビジュアル面という意味でも楽しめそうだ。

既存のメトロノームのコツコツ音で、演奏を邪魔されることもない、このクールなウェアラブルデバイス。あなたのバンドにも取り入れてみては。

Soundbrenner Pulse
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報