海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 化学反応を利用し、クリーン電力でスマホを充電できるガジェット「JAQ」がスゴイ!

Start Up

化学反応を利用し、クリーン電力でスマホを充電できるガジェット「JAQ」がスゴイ!

“エコでクリーン”というのは、工業製品を開発する上でのキーワードだが、クリーン電力でスマートフォンなどの端末を充電できるモバイルガジェット「JAQ」が間もなく登場する。 ・塩と水の化学反応で発電 スウェーデン企業「MyF...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
JAQ“エコでクリーン”というのは、工業製品を開発する上でのキーワードだが、クリーン電力でスマートフォンなどの端末を充電できるモバイルガジェット「JAQ」が間もなく登場する。

・塩と水の化学反応で発電


スウェーデン企業「MyFC」が開発中のJAQは、手のひらサイズで中にカートリッジを入れると発電し、2400ミリアンペアの電力を供給するというもの。

このガジェットの“肝”となっているのが、「power card」と呼ばれるカード型のカートリッジ。水と塩化ナトリウムが入っていて、化学反応を起こして水素を発生させる過程で電力を得るという。

JAQ2JAQにはUSB差込口がついていて、JAQと端末をケーブルでつなぐと、端末が充電される仕組みだ。

・軽量で持ち運びラクラク


JAQそのものは約200グラム、カートリッジも1つ40グラムと軽い。なので、キャンプなどアウトドア時や移動時などに活躍しそうだ。

ただし、発電はカートリッジをセットしてから1、2時間ほどしか継続しないので、端末を充電する直前にカートリッジをさしこむ必要がある。

・カートリッジは使い捨て


カートリッジは使い捨てで、水と塩化ナトリウム、そしてリサイクル素材のみを使用。一般のごみとして廃棄することができ、開発元は「環境フレンドリー」とうたう。

化石燃料を一切使わず、しかもソーラー発電のように時間もかからないことから、次世代のモバイルバッテリーとして注目されそうなこのガジェット、今年後半にはお目見えする見込み。

価格は未定ながらJAQ本体が75ドル前後、カートリッジが1ドルほどになると予想されている。

MyFC
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報