海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 自分の演奏をツイートしたり、クラウド内にデータ保存ができるiPhoneアプリ「JamForMe」がバージョンアップ

Mobile

自分の演奏をツイートしたり、クラウド内にデータ保存ができるiPhoneアプリ「JamForMe」がバージョンアップ

趣味として音楽を聴くだけでなく、たくさんの人が楽器の演奏を楽しんでいる。楽器練習をしたり録音をする作業は、ともすると孤独な作業になりがちだが、自分の演奏をSNSで発表したり、お気に入りの音楽をほかの人とシェアすることで、...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
趣味として音楽を聴くだけでなく、たくさんの人が楽器の演奏を楽しんでいる。楽器練習をしたり録音をする作業は、ともすると孤独な作業になりがちだが、自分の演奏をSNSで発表したり、お気に入りの音楽をほかの人とシェアすることで、ずっと楽しく、広がりのある活動になる。

メジャーバージョンアップ版(ver.2.0)が実装されたばかりの「JamForMe」は、自分の演奏を録音し、SNSを通じてほかの人たちと共有することができるiPhoneアプリだ。さらに、既存の音楽データに自分の演奏を重ねてジャムセッションを楽しむこともでき、SNS機能も、Twitter、Facebookだけでなく、Tumblr、foursquare、Weiboなどにも対応している。また、非公開扱いでの投稿もできるようになったため、思いついたフレーズやアイデアを録音し、個人のメモ代わりとして保存しておくことも可能だ。

バージョンアップした「JamForMe」の注目ポイントはそれだけではない。ソーシャルミュージックストレージサービスのSoundCloudや、Dropbox、Evernoteなどのクラウドストレージサービスと連携し、クラウド上でデータを保存できるようになったため、容量の重い録音データをいちいち他媒体に移し替える手間がなくなった。

無料で使える「JamForMe」は、音楽演奏者が録音用に使うだけでなく、ボイスレコーダーとして日常的な利用もできる、便利なツールとして活用しそうだ。

JamForMe
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報