海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile たった2クリックで、あらゆるクラウドサービス内のファイルを探し出すiPhoneアプリ「Openera」

Mobile

たった2クリックで、あらゆるクラウドサービス内のファイルを探し出すiPhoneアプリ「Openera」

Dropbox、Google Drive、Evernoteなど、さまざまなクラウドストレージサービスが開発され、データの保存や共有がとても便利になった。しかし一方、ユーザーとしては使いたいファイルがどのサービス内に保存さ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Dropbox、Google Drive、Evernoteなど、さまざまなクラウドストレージサービスが開発され、データの保存や共有がとても便利になった。しかし一方、ユーザーとしては使いたいファイルがどのサービス内に保存されているのか、いちいち記憶していないことがほとんどだろう。

そのように煩雑なファイル探しの苦労を一気に解消してくれ、「たった2クリックするだけで目当てのファイルを見つけてくれる」という夢のようなiPhoneアプリが登場した。それが「Openera」である。

この「Openera」を使用するには、まずアプリをダウンロードして、emailアカウントに接続する。その後、ほかのクラウドサービスにも同じように接続するだけで、すぐにアプリの機能を活用することができてしまう。この「Openera」は、ファイルがクラウド内のどこに保存されているかに関係なく、自動的にファイルを組織化し、整理してまとめる。さらに、「歳入関連のドキュメントデータはGoogle Driveでまとめて参照する」など、自分独自のルールを設定することもできる。

「Openera」は、クラウドサービス内のファイルを互いに同期させているのではなく、ファイルを探し出して整理する機能であるため、データの保存場所にいちいち左右されることがないのが大きな強みだ。現在のところ、このアプリはiPhone版のみリリースされているが、Android版も開発中だという。

Openera
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報