海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech JAXA監修のメタバースで宇宙遊泳体験。三井不動産ら日本橋で「宇宙の仕事」体験イベント開催

Tech

JAXA監修のメタバースで宇宙遊泳体験。三井不動産ら日本橋で「宇宙の仕事」体験イベント開催

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙の仕事に興味があるものの「敷居が高そう」と感じている人もいるのではないでしょうか。「HELLO SPACE WORK!NIHONBASHI 2022」は、日本橋を舞台に「宇宙の仕事」を身近に体験できるイベントです。

三井不動産株式会社(以下、三井不動産)が一般社団法人日本橋室町エリアマネジメントとともに開催する同イベント。期間は2022年12月12日(月)~23日(金)で、無料で参加できるコンテンツを用意しています。

宇宙の仕事を五感で身近に楽しむイベント

「HELLO SPACE WORK!」とは、宇宙ビジネスの拠点として注目される街・日本橋で、宇宙の仕事との“出会う”ことから、実際に“働く”ことまでをつなげるイベント。

2回目となる今年は「好奇心よ、宇宙へ向かえ。」をテーマに、「遊ぶ」「学ぶ」「味わう」など、宇宙の仕事を五感で身近に楽しむコンテンツを提供します。

たとえば、宇宙飛行士の目線を疑似体験できるメタバースコンテンツ、日本橋を中心とした宇宙ビジネス企業によるワークショップなどを展開。そのほか、宇宙に関する食材を日本橋の老舗若旦那がアレンジする食イベントも開催します。

ISSにいる宇宙飛行士の視点を擬似的に体験

HELLO SPACE WORK!NIHONBASHI 2022の「宇宙の仕事」体験コンテンツを一部紹介します。まずは、今夏に米国のスペースシンポジウムで発表され話題になったメタバース宇宙空間「THE ISS METAVERSE」。

THE ISS METAVERSEは、株式会社ピクスと株式会社バスキュールがJAXA協力のもと制作した“国際宇宙ステーション(ISS)を体験できるメタバース空間”です。

地球上空400kmを秒速8kmで飛行している国際宇宙ステーションの現在の飛行位置や、地球の昼夜をメタバース上で完全再現しています。

今回のイベントでは、参加者はVRヘッドセットを着用して、今まさにISSにいる宇宙飛行士の視点を擬似的に体験することが可能。

そのほか、宇宙ビジネス企業協力のもと、子ども向けに宇宙の仕事をわかりやすく学べる「みらいの宇宙の仕事展」、宇宙の職場を体験できる「なりきりスペースワーカー」を展開します。

宇宙に関する料理を試食できる「宇宙美食サミット」

今年のHELLO SPACE WORK!NIHONBASHI 2022では、新たに日本橋の老舗店舗や商業施設を巻き込んだコンテンツも開催します。

宇宙に関する食材を日本橋の老舗若旦那が美味しくアレンジする「宇宙美食サミット」では、衛星データを活用した食材を使った料理や月面での地産地消を目指した食材を使った料理などを提供。トークショー形式で試食を振る舞います。

そのほか、商業施設店舗による期間限定宇宙メニューも提供予定。宇宙の仕事や宇宙食に興味のある人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

PR TIMES

THE ISS METAVERSE

HELLO SPACE WORK!NIHONBASHI 2022

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報