海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 般若心経を題材としたNFTアート・デジタル掛け軸を出展。落合陽一個展、阪急メンズ東京で開催

Tech

般若心経を題材としたNFTアート・デジタル掛け軸を出展。落合陽一個展、阪急メンズ東京で開催

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルと物質化の輪廻転生を表現したNFT作品や、3Dホログラムを活用したメディアアートなどを展開してきた、メディアアーティスト・落合陽一氏(以下、落合氏)。

そんな落合氏の個展「ヌル即是色色即是ヌル」が、東京・有楽町にある「阪急メンズ東京」にて開催されます。

期間は2022年9月28日(水)~10月11日(木)で、入場料は無料です。芸術の秋ということで、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

オンライン・オフラインで開催

落合氏は東京を拠点に、これまで国内外での個展やグループ展、写真集の刊行など、精力的な活動をおこなってきました。

今回の個展では実験的な試みとして、インタラクティブな新作「ヌル即是色色即是ヌル」を含む3つのシリーズを発表するとのこと。

また、今回展示するNFTを素材としたアート作品の一部は、オンラインとオフラインのハイブリットで販売する予定です。

“宙に浮く鏡面彫刻”をもとに制作したNFTアート

それでは、今回の個展で発表予定の3作品を紹介します。

1つ目は、2019年に3Dプリンターで制作した宙に浮く鏡面彫刻シリーズ「Borrowed Scenery and Materialization of Waves」をもとにした作品「Re-Digitalization of Waves」です。

同作品は、チベット仏教の仏具と庭園の借景から着想を得た“空中に浮く鏡面彫刻”をオールドレンズなどを用いて動画撮影し、動きのある視覚的なNFTにデジタル化したもの。

デジタルと物質化の輪廻転生を表現し、コンピュータと非コンピュータ(人間を含む)が混ざり合った新しい自然「デジタルネイチャー」の風景を想起させる作品群となっています。

2つ目は「Re-Materialization of Waves」。Re-Digitalization of Wavesシリーズにて、デジタルとアナログの変換を繰り返す過程であえてフレームレートゼロにして、質量性の高い2.5次元の平面作品へと仕上げています。

般若心教の思想を反映した新作アート

3つ目は、般若心経のフレーズにちなんだ新作「ヌル即是色色即是ヌル」。

般若心経には「空(読み:くう、意味:実体がないこと)」と呼ばれる概念・思想があるといいます。この空という言葉を使った般若心経のフレーズとして挙げられるのが「空即是色・色即是空」。

さまざまな解釈がありますが、この世にあるすべてのものの本質は実体のない「空」であり、その「空」がこの世に存在するすべてのものの姿である、という意味があるようです。

そんな空即是色・色即是空という般若心経における空の思想を、有形を留めない銀面彫刻のデジタルデータとして捉えた作品が「ヌル即是色色即是ヌル」。

さまざまな色や形を反射しながら風景を歪める様を、デジタルの掛け軸のなかに構成しています。

PR TIMES
ヌル即是色色即是ヌル
Re-Digitalization of Waves

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報