海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 大阪ガスのオンライン相談にデジタルヒューマン登場。担当者の表情・動きをリアルタイムに反映

Start Up

大阪ガスのオンライン相談にデジタルヒューマン登場。担当者の表情・動きをリアルタイムに反映

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
AVITA株式会社と大阪ガス株式会社(以下、大阪ガス)は、2021年8月に締結した資本業務提携のもと、人々の暮らしに寄り添う新サービス開発へ向けて独自のアバター開発を進めてきました。

そしてこのたび、デジタルヒューマンとキャラクターという2種類のアバターを開発。9月8日(木)より大阪ガスのオンライン相談にて、このアバターを活用するようです。

簡易的な仕組みで表情・動きを同期

2種類のアバターはともに、オペレーターの表情や身体の動きをリアルタイムかつ細やかに反映します。

特にデジタルヒューマンは、人体解剖学に即した身体構造・肌や衣装の質感・光の反射など丁寧なモデル化によって、限りなく人間に近い姿で動くようです。

従来、デジタルヒューマンをリアルタイムに動かすためにはモーションキャプチャシステムなどが必要でしたが、同アバターは簡易的な仕組みで簡単に動きを同期できるといいます。

5パターンのアバターを開発

デジタルヒューマンタイプのアバターとしては、男性と女性を制作。キャラクタータイプのアバターとしては、男性と女性に加えて猫も制作しています。

この5パターンのアバターをショールーム専門アドバイザーが操作し、9月8日より大阪ガスのオンライン相談に対応。このアバターは、容姿・年齢・身体・距離などの制約を超えた多様な社会活動や自己表現を実現するツールとなりそうです。

アバターは利用者が選択

オンライン相談は、PC・スマートフォン・タブレットのいずれかからZoomを活用して利用可能。

利用者は、人間そっくりの豊かな表情や動きを表現できるデジタルヒューマンか、気軽に会話しやすいキャラクターかを選べます(スタッフも選択可)。

なお、専用フォームからの事前予約が必要です。

PR TIMES
大阪ガス株式会社

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報