海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 手持ちのSuicaが客室の鍵に! セルフで入退館できるスマートホテルが福島・いわき駅に誕生

Tech

手持ちのSuicaが客室の鍵に! セルフで入退館できるスマートホテルが福島・いわき駅に誕生

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホテルに宿泊する際は、フロントで施設側から渡された書類に名前や住所を記入して鍵をもらったり、宿泊料を支払ったりするなどの手続きが発生します。

「もっと快適にホテルを利用したい」という人に紹介したいのが、チェックイン・チェックアウト、客室への入室が手持ちのSuica・モバイルSuicaで完結するスマートホテル「ホテルB4T」。

2023年1月に、1号店となる「ホテルB4Tいわき」が福島県のいわき駅付近にオープンするとのことです。

Suicaでチェックイン・チェックアウト

ホテルB4Tは、手持ちのSuicaやモバイルSuicaを客室キーとして利用できる「Suicaスマートロック」を活用したスマートホテル。予約からチェックイン、チェックアウトまでの手続きが、手持ちのSuicaとスマートフォンで完結します。

スマートフォンでホテルB4Tのホームページから宿泊予約を済ませたら、当日はフロントのチェックイン機のリーダーに、事前登録したSuicaをかざしてチェックインするのみ。

Suicaは客室キーとして使用できるため、フロントで鍵を受け取る必要はありません。チェックアウトの際は、チェックイン機にSuicaをタッチして完了です。

なお、滞在中に困りごとがあった場合は、スマートフォンによるオンラインチャット、ビデオ通話にてスタッフがサポートします。

オフィス・マンションなどの入退室に活用

JR東日本メカトロニクス株式会社と、株式会社アートが共同で運営するSuicaスマートロックは、Suica1つで入退室認証が実現するサービスです。

オンラインにてSuicaを登録することができるため、対面での手続きは不要。人との接触回避につながります。

ユーザーは手持ちのSuicaカード裏面番号、もしくはモバイルSuicaのIDを自身で登録するだけで、Suicaを入退室の鍵として利用することが可能。

ホテルのほかオフィスビル、マンション、商業施設などのドア、エレベータなどの施錠・解錠に活用できます。

常磐線復興の第2ステージへ

常磐線は2011年の東日本大震災で大きな被害を受け、震災後も福島第1原発事故による被害を受けた富岡駅〜浪江駅の区間は長らく不通となっていたようです。

しかし、震災から9年経過した2020年3月に同区間での運行が再開し、全線開通を果たしました。

東日本旅客鉄道株式会社は常磐線復興の第2ステージとして、常磐線ネットワークの中核駅であるいわき駅にホテルB4Tの1号店を開業し、地方創生・沿線活性化に貢献します。

今後は、さまざま施設規模や立地条件に対応するホテル運営のプロトタイプとして「ホテルB4T赤羽」「ホテルB4T田端」を2023年春に開業する方針です。

PR TIMES(1)(2
Suicaスマートロック
浪江町ホームページ

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報