海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech アイデアを売買できる「アイデア取引所」オープン。Web版とRPGのようなメタバース版を提供

Tech

アイデアを売買できる「アイデア取引所」オープン。Web版とRPGのようなメタバース版を提供

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ワッピンギルドは、さまざまなアイデアを売買できる「アイデア取引所」β版をブラウザおよびメタバースにてリリースしました。

幅広いアイデアが集結、新規性担保で特許出願も

「アイデア取引所」β版は、日常の悩み解決から事業の企画・デザインまで幅広いアイデアを募集・応募できるサービスです。

大きなポイントは、アイデアを当事者以外一部非公開にできること。これにより、新規性の喪失を防ぐことができ、特許の出願・権利化が可能になるといいます。

また年内には、アイデア部分のNFT化に向けてイーサリアムのライセンスを取得する見込みです。

共創できる機能も追加予定

想定する募集案件は、大手企業と専業主婦による商品開発や、プロダクトのデザイン、自然保護活動のPR方法など。多くのアイデアに触れることで、よりすばらしいサービスやプロジェクトが実現するかもしれません。

現在のバージョンでは、アイデアの売買・権利移転のみ可能ですが、今月中にはアイデアの“実現”まで依頼できる機能を実装予定。アイデア取引+数クリックで共創関係が築けるようです。

アイデア取引所へアクセス

同サービスは、ブラウザとメタバースで提供中。試しに、ワッピンギルドというメタバース空間で提供されているアイデア取引所へアクセスしてみました。

メタバースに入るには、氏名(ニックネーム可)と利用する乗り物(アバター)をカエルもしくはウサギから設定。空間内は、レトロなPRGゲームのような雰囲気です。

そこに、「ワッピンギルドご説明目録」や「クリエイティブ相談窓口」などのカウンターがあり、担当の動物に話しかけることでサービスを受けられます。そして、“薬”の旗を掲げたタヌキに話しかけると……。

ちなみに、ブラウザ版では「子育てコミュニティアプリのプロトタイプを作りたい」「老舗製茶店のお抹茶のパッケージをレトロフューチャーにしたい」などの案件をサクサク見られます。

PR TIMES
アイデア取引所 Web版
アイデア取引所 メタバース版

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報