海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up チューリング、AI自動運転システムを千葉県公道で検証開始。「完全自動運転」へ前進

Start Up

チューリング、AI自動運転システムを千葉県公道で検証開始。「完全自動運転」へ前進

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
TURING株式会社は、AI自動運転システムの公道走行実験を千葉県柏市内にて開始しました。

走るほど賢くなるシステム

同社が開発するのは、AIを搭載した完全自動運転システム。AIによって“走れば走るほど賢くなる”システムです。

また、マルチモーダル学習技術・自然言語処理技術を取り入れることで、より人間の判断・頭脳に近い自動運転システムの研究にも取り組んでいます。

なお、自動運転支援機能付き車両のほか、既存車両向けの自動運転化キットも開発中です。

システムの高品質化・高信頼化を図る

同社は今年4月、三井不動産株式会社が提供する柏の葉スマートシティ内の「KOIL TERRACE」に本社を移転。隣接するモビリティ検証フィールド「KOIL MOBILITY FIELD」などでの検証を重ねてきました。

今回の実験では、千葉県柏市内の公道において自動運転走行を検証。自動運転システムのさらなる高品質化・高信頼化を図る構えです。

レベル5の完全自動運転車を目指す

ひと言で自動運転車と言っても、その機能・性能によりレベルが定義されています。

たとえば、自動ブレーキなどの運転支援機能を搭載したレベル1~2、特定条件下(高速道路のみ・晴れのみなど)においてシステムによる自動運転が可能なレベル3~4といった分類です。

同社が目指すのは、レベル5。特定条件はなく、すべての運転をシステムが実施する完全自動運転車です。

この車両の商用化を目指し、7月にはシードラウンドで10億円の資金調達を実施。今回の公道における実証実験は、完全自動運転車実現への大きな一歩となりそうです。

PR TIMES(1)(2)(3
国土交通省

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報