海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 混雑を回避しながらコミュニケーションも図る「AIパイロット」

Tech

混雑を回避しながらコミュニケーションも図る「AIパイロット」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
AIの作業精度向上により、さまざまな業務がAIによっておこなわれるようになりました。まだ課題はありつつ、地上では自動運転車が走行しています。

空も例外ではありません。混雑した空域でも飛行できるAIパイロットが開発されました。

飛行機をAIが操縦

Carnegie Mellon Universityの研究チームが開発したAIパイロットは、6台のカメラとコンピュータービジョンシステムを搭載しています。

これにより、人間のパイロットと同じように、近くにいる航空機を視覚的に発見。航空機を追跡して軌道を予測し、必要に応じて衝突を回避する行動をとります。

合成音声で無線に応答

同AIパイロットは、自然言語処理技術を搭載した自動音声認識機能により、受信した無線メッセージを理解します。また、パイロットや航空管制官と無線でコミュニケーションをとることができ、合成音声で応答するといいます。

研究者たちは今後、人間のパイロットと同じレベルで操作できるAIの開発を目指しています。

航空機のパイロット不足を解消する

ドローンやヘリコプターなどの航空機が、人間のパイロットを介さずに、人や物の移動を支援したり、インフラの点検などをおこなったりする機会が増えています。便利な一方で、航空機が普及すればするほど空域は混雑し、空域の管理が煩雑になるでしょう。

こうした将来を見据えて、混雑を自律的に回避できるAIパイロットは、宅配ドローンやエアタクシーでの運用が期待されています。

Carnegie Mellon University
AI autopilot could let autonomous aircraft fly in busy airspace

(文・K.Taichi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報