海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 宝塚歌劇団のミュージックビデオがハイテク! フル3Dでアングル自由自在

Tech

宝塚歌劇団のミュージックビデオがハイテク! フル3Dでアングル自由自在

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ワントゥーテン(以下、ワントゥーテン)は、ボリュメトリックビデオ技術を活用し、宝塚歌劇団のフルCGミュージックビデオを制作しました。

空間全体の3Dデータ化する技術

ボリュメトリックビデオ技術とは、演者の一連の動きを全方位から撮影し、空間全体の3Dデータを生成することで、あらゆるアングルから見た3D映像として再現するというもの。

これにより、通常の撮影では再現できないカメラワークを実現し、自由視点での視聴を可能にします。

キヤノンのスタジオで撮影

このたびワントゥーテンは、株式会社ピクスらと協力し、西郡勲氏を監督に迎えてミュージックビデオを制作。キヤノン株式会社の「ボリュメトリックビデオスタジオ-川崎」にて、100台以上の4Kカメラで演者を撮影しました。

360度視点のダイナミックなカメラワークとフルCGによる背景を組み合わせることで、新感覚の映像作品に仕上がったといいます。

同ミュージックビデオには、宝塚歌劇団が6月に東京ガーデンシアターで上演した宙組公演「FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)」のメインテーマ曲「FLY WITH ME」を収録。

8月下旬より宝塚歌劇公式YouTubeチャンネルおよび公式Instagramにてダイジェスト映像を無料公開、宝塚歌劇の動画配信サービス「TAKARAZUKA ON DEMAND」でフルバージョンを有料配信するようです。

「ボリュメトリックビデオスタジオ-川崎」

今回の撮影スタジオとなった「ボリュメトリックビデオスタジオ-川崎」には、360度グリーンバックの撮影エリアがあり、100台以上の4Kカメラで撮影した映像を自由に編集可能。背景やオブジェクトの合成・加工はもちろん、エフェクト追加も簡単にできるようです。

過去には、公益社団法人 宝生会監修の能楽「葵上」をボリュメトリックビデオ技術で映像化。

普段は見られない視点からの鑑賞を提供するとともに、実際の能楽堂をスキャンした3DCGやダイナミックな背景CGアニメーションでまるで実際に能楽堂にいるかのような視聴体験を実現したといいます(詳しくはこちら)。

PR TIMES(1)(2
キヤノン株式会社

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報