海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「出前館」の商品が空から届く! 新潟・万代テラスでドローンデリバリー実施

Tech

「出前館」の商品が空から届く! 新潟・万代テラスでドローンデリバリー実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
都市部におけるドローン配送社会の実現に向け、TOMPLA株式会社(以下、TOMPLA)は「出前館」を利用したフードデリバリーの試験導入を実施します。

実施期間は2022年9月5日(月)~16日(金)。新潟県新潟市信濃川万代テラスエリアにておこないます。

万代テラスでドローン配送サービスを実施

TOMPLAは来たるドローン社会における航路設計のインフラ企業。ドローンを利用した商品配送スキームの提供、ドローンポートの設置・管理などを実施しています。

そんなTOMPLAは今回、フードデリバリープラットフォーム「出前館」を活用し、ドローンによるフードデリバリーのテストマーケティングを12日間にわたって実施します。

実施場所は、新潟県新潟市に位置する万代テラス。付近にある「bandaibashi SQUARE」「Hajimari kitchen」などの飲食店が参加します。

配送ドローンの運航は、新潟県内を中心にフードデリバリーの軽貨物事業を営む有限会社弘真物流が担当。なお同社は、TOMPLAが提供するドローン配送オペレーター養成講座を修了しています。

ドローンデリバリーの普及を目指して

ドローンは軽貨物を扱う地域物流や、飲食店のデリバリーでの需要が予測されており、さまざまなフードデリバリーの実証事業に活用されてきました。

しかし、これまでの実証事業では、運搬後の食品の品質確認や航路関連の検証のため、単日かつ限定された注文回数での実施となり、実際の市場環境とは言い難いものだったといいます。

そこで、TOMPLAは株式会社出前館と協働し、12日間にわたるドローンのフードデリバリーテストを実施する運びとなりました。

新潟駅前で書籍・食品のドローン配送

これまでにも、TOMPLAは全国の行政と連携したドローン配送の実証実験をおこなっています。

2021年6月には新潟市と連携し、新潟駅前エリアにて、ドローンを活用して書籍や食品を目的地に届ける実証実験を実施しました。

当日は消費者が専用の注文アプリから注文し、駅前ビル「プラーカ(プラーカ1・2・3の3棟からなる複合商業ビル)」に店舗を構える書店スタッフやカフェスタッフがドローンに商品を積載。

その後、ドローンがプラーカ2上空を通過し、プラーカ3の屋上に着陸し、消費者に商品を届けました。

PR TIMES(1)(2
TOMPLA株式会社「​新潟ドローン宅配プロジェクト」

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報