海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 部屋の“空気感”を栄養にして育つ。デジタル観情植物「Log Flower」、ミカン下北で初公開

Tech

部屋の“空気感”を栄養にして育つ。デジタル観情植物「Log Flower」、ミカン下北で初公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
リモートワークの普及により、「おうち時間」が多くなっている近年。パートナーや家族との時間が増えるなかで、長い時間、同じ空間に特定の人と一緒にいることによりストレスが生まれ、部屋の雰囲気がピリついてしまうこともあるようです。

そんななか、株式会社コネル(以下、コネル)は、株式会社東急エージェンシーとともに、部屋の機嫌で育つ“観情植物”「Log Flower(ログフラワー)」のβ版を開発。

ミカン下北に開設したクリエイティブスタジオ「砂箱」にて、2022年8月26日(金)~9月2日(金)の期間、展示します。

毎日リアルタイムに「感情」を吸収

Log Flowerは、部屋の雰囲気(感情)を栄養にして育つデジタル上の“観情植物”。

吸収する感情によって成長の仕方が変わっていく「空間の写し鏡」のような存在として、人々の「いま」のコミュニケーションのあり方に気づきをもたらします。

Log Flowerでは、人の声から感情を解析するAI「Empath」を使って、部屋の感情を毎日リアルタイムに吸収。30日間かけて種から苗、花へと成長します。

なお、Log Flowerが取得する感情と色は「平常:白」「喜び:黄色」「悲しみ:青」「怒り:赤」で、取得した感情の割合により花の色づきや形状が異なるとのこと。

たとえば「喜び」が多い家庭の場合は黄味の多い花へと、「悲しみ」が多い家庭の場合は青味の多い花へと成長します。

“感情の可視化”で、会話や振る舞いを見直す

Log Flowerが感情を可視化し計測をすることで、利用者はこれまで感覚でしかわからなかった「気づき」を得られます。

「そういえば最近、イライラしている日が多い」といった気づきから、「深呼吸をして、怒らないできちんと話すようにしよう」と会話や振る舞いを見直すきっかけが生まれるでしょう。

「未発表の発射台」をテーマにしたスタジオ

今回、Log Flowerのβ版を展示する「砂箱」は、コネルが2022年7月28日に下北沢駅高架下の複合商業施設「ミカン下北」に開設したクリエイティブスタジオ。

「未発表の発射台」をテーマに掲げ、企業が検証中のプロトタイプや、アーティストやパフォーマーによる実験的なライブ・パフォーマンスを発信する場となっています。

コネルは今回、近い将来に訪れるかもしれない未来のシーンを体感できるシリーズ企画「未来のパーツ展」の第1回目のテーマを“感情と花”と定め、Log Flowerのβ版を初公開。

さまざまな感情で成長するLog Flowerを、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES(1)(2

Log Flower
砂箱「未来のパーツ展 vol.1 感情と花」

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報