海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 1台で2つの温度に設定できる家庭用ワインセラー登場。湿度の自動調整や振動低減も

Tech

1台で2つの温度に設定できる家庭用ワインセラー登場。湿度の自動調整や振動低減も

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイアールジャパンセールス株式会社は、自宅でワインの保存・熟成に適した環境を実現するワインセラーの先行販売をMakuakeにて開始しました。なお、ワインセラーは108Lと192Lの2タイプです。

2室2温構造・湿度自動調整・振動低減

同製品の注目ポイントは、庫内を上下2室に分け、それぞれ5~20℃まで1℃単位で温度設定できる2室2温構造。本格的なワインセラーでもこの構造は珍しいようです。

これにより、異なる種類のワインを保存したり、日本酒やクラフトビールなどと一緒に保存したりできます。

また、ワインの熟成時に必要な“ワインの呼吸”を生み出す穏やかな湿度変化(50~70%)を自動調整する機能や、雑味の原因になる振動を吸収する木製ラックを実装しました。

これらの機能・設計によって、ワインの本場であるフランスの地下セラーに近い環境を再現するといいます。

タッチセンサーやLEDライトなどにもこだわり

このほか、扉を開けずに温度設定などができる日本語表記のタッチセンサーも搭載。扉の開閉による温度変化や振動を避けるとともに、自動ロックで誤操作を防ぎます。

そして、UVカット機能でワインの品質を守り、ヒーター機能で結露しづらいメンテナンスフリーなガラスドア、点灯パターンを設計できるLEDライト、黒を基調とした高級感のあるデザインなども要チェックでしょう。

大容量なのにコンパクト設計、2タイプを展開

同製品は、最大42本収納できる108Lタイプ「JQ-F108A」と、最大79本収納できる192Lタイプ「JQ-F192A」を展開。どちらも幅は約50cmとコンパクト設計です。

Makuakeでは、記事執筆時点で108Lタイプは9万5800円(税込)から、192Lタイプは12万3000円(税込)からの支援で1台入手可能。9月29日(木)まで支援を受け付け、10月末までに発送予定です。

なお、リターンのなかには、Wine@EBISUとのコラボ企画でワインがもらえるものもあります。

PR TIMES
Makuake

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報