海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech メールやSNSの文章をワンクリックでAI校正! 「Shodoブラウザー拡張」

Tech

メールやSNSの文章をワンクリックでAI校正! 「Shodoブラウザー拡張」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
メールを送る際やSNSに文章を投稿する際、「敬語や日本語を間違えていないか」「誤字や脱字がないか」をチェックする作業に時間がかかってしまい、本来の業務に集中できないという人もいるでしょう。

株式会社ゼンプロダクツ(以下、ゼンプロダクツ)開発のAI文章校正ツール「Shodo」では、メール送信・SNS投稿の前にAIで日本語を校正できるサービス「Shodoブラウザー拡張」を提供しています。

そして今回、Shodoブラウザー拡張にGmailとTwitter、Facebookから入力した文をワンクリックでAI校正できる機能や、敬語の間違いを校正する機能を追加しました。

AIが文章を校正

Shodoは記事の執筆・AI校正・レビューをWebブラウザのみで完結するクラウドサービス。

執筆した記事を1クリックでWordPressに入稿するほか、AIが日本語を解析し、助詞や同音異義語の間違いを校正するなど、主に記事執筆にかかわる機能を搭載しています。

一方、2021年9月にリリースした「Shodoブラウザー拡張」は、メール・SNSへの投稿前にAIで日本語を校正できるサービス。主にメール・SNSの確認作業の手間を減らすような機能を備えています。

二重敬語・違和感のある文章を指摘

これまでのShodoブラウザー拡張は、Gmailなどで本文を書く際に、拡張機能のポップアップから文章を入力することで、AIやルールによる日本語のチェックを受けられるというものでした。

しかし、今回のShodoブラウザー拡張への機能追加により、GmailとTwitter、Facebookから入力した文をワンクリックでAI校正するほか、敬語の間違いを校正することが可能となります。

たとえば、Gmailなどの画面に表示されたShodoのボタンをクリックするだけで、AIが「拝見いたします」のような二重敬語、「検討ください」のような間違った敬語を指摘。

そのほか、「過半数を超える」といった意味の重複する言葉、ら抜き言葉などもチェックするため、日本語の確認・修正の時間を軽減して、集中すべき仕事に向き合えるでしょう。

ブラウザー拡張を使ってたみた

実際にShodoブラウザー拡張のプレミアムプランを使ってみました。

Shodoをインストールし、アカウントを登録した後、Gmailのメール作成画面を開くと、Shodoのボタンが右下に表示されます。

その後、メール作成画面で文章を打ち込み、Shodoのボタンを押すと、ポップアップ画面で「ご覧になられましたでしょうか(→ご覧になりましたか)」「確認させていただきます(→確認いたします)」などの誤った敬語をチェックできました。

プレミアムプランでは現在、14日間無料トライアルを実施しているため、実際の使用感を知りたい人は試してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES
Shodo

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報