海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 倉庫ロボのサブスクとシェア倉庫で倉庫DX! 三菱商事の事業を引き継いだ「Gaussy」始動

Enterprise

倉庫ロボのサブスクとシェア倉庫で倉庫DX! 三菱商事の事業を引き継いだ「Gaussy」始動

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年1月に新設されたGaussy株式会社(以下、Gaussy)は、7月1日(金)に三菱商事株式会社(以下、三菱商事)が進めてきた倉庫産業DX事業を継承し、運営を開始しました。

また、7月6日(水)には、グローバル・ブレイン株式会社が運営する31VENTURES Global Innovation Fund 2号からの資金調達も実施しています。

今回は、Gaussyの事業開始までの経緯や展開するサービスについて紹介しましょう。

三菱商事の事業を継承

7月1日、三菱商事・三菱商事ロジスティクス・東京大学協創プラットフォーム開発株式会社・プロロジス・三井不動産株式会社・三菱HCキャピタル株式会社・三菱地所株式会社の7社は、倉庫産業DXの実現に向けた共同事業に参画したことを発表。

同時に、三菱商事がGaussyへ倉庫産業DX事業を譲渡し、6社のパートナーがGaussyに出資参画。これにより、三菱商事が2020年にサービスを開始した倉庫ロボットのサブスクサービス「Roboware」と、シェアリング倉庫サービス「WareX」を引き継ぐ形でGaussyの事業が始まりました。

倉庫の労働力不足を解決するロボット

倉庫現場には、労働力不足や属人化といった課題があるといいます。これを解決すべく提供されているのが、「Roboware」です。

同サービスでは、多様なロボットをサブスクで提供し、設計・導入から運用・保守までサポート。誰でも簡単に倉庫ロボットを運用し、倉庫運営の効率化を図れるといいます。

現在提供しているのは、省スペースで商品を自動高速仕分けする「Omni Sorter」、商品を棚ごと搬送する「Ranger GTP」、フォークリフトと相性が良いパレット搬送型ロボット「Ranger IL」、ピックすべき保管場所に自律移動して作業者に通知・協業する「FlexComet」および「FlexSwift」です。

倉庫キャパシティの課題に、シェアリング倉庫

また、倉庫現場では倉庫キャパシティの過不足といった課題も。これを解決してくれそうなのが、「WareX」です。

同サービスは、全国1000以上の倉庫を検索し、遊休スペースに荷物を預けられるというもの。無料登録すれば、倉庫検索に加えて空きの一括確認や入出荷作業サポートなども利用できます。

保管料と作業料は、物量と日数に応じた従量課金制。料金シミュレーションもできるので、安心して使えるようです。

PR TIMES(1)(2
Gaussy株式会社

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報