海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 教習車に指導員が同乗しない「AI教習所」岡山で開校! 技能教習はAIで、学科教習はアプリで

Tech

教習車に指導員が同乗しない「AI教習所」岡山で開校! 技能教習はAIで、学科教習はアプリで

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミナミホールディングス株式会社と株式会社ティアフォーは、昨年5月に合弁会社“AI教習所株式会社”を設立。AI教習システムの販売などを手がけてきました。

そして7月1日(金)、株式会社岡山ももたろう自動車学校の協力を得て、同校内に「AI教習所」岡山校を開校。日本の交通教育が抱える課題を解決し、安全な交通社会実現を目指します。

コース指示や技能評価などをAIで

AI教習所の技能教習には、AIと自動運転技術を活用した“AI教習車”を使用。教習生は、指導員の同乗なしで運転技能を習得します。

AI教習車は、走行位置を車内のタブレットにリアルタイムに表示し、AIによる音声ナビゲーションでコースを指示。ドライバーや周辺環境の状況を分析し、速度超過時や障害物に接近した場合などは自動補助ブレーキが作動するようです。

教習生は教習後、車内外および俯瞰映像とAIによる運転技能評価で自身の運転を振り返ります。AI評価は、1段階修了検定をベースにした60以上の評価項目で採点し、指導員の評価と同等の精度を実現するようです。

なおAI教習車での教習は、指導員がハンドルやブレーキの操作方法を教えた後、1人で走行できると判断されてからおこないます。

学科教習はアプリで

免許取得には、技能教習のほか道路交通法などを学ぶ学科教習も必要。AI教習所では、「DON!DON!ドライブ」アプリを活用して学科教習を実施します。

これにより、教習生は教習所に出向くことなく、好きな時間に好きな場所で学科教習を受けられるようです。

アプリでは、漫画やクイズなどの学科教材を提供。楽しみながら運転に必要な知識を身につけられるといいます。

自動車学校の人員不足問題

現在、自動車学校は人員不足に悩んでいるようです。働き方改革による労働時間削減や6月に始まった高齢運転者技能検査などが、この問題をさらに深刻化させると懸念されています。

そんななか開校したAI教習所は、指導員の負担を軽減する指導体制により、この課題を解決してくれるかもしれません。

なお、AI教習所岡山校では、教習所の1段階(仮免許取得まで)を5万4989円(税込)で受講できる開校記念キャンペーンを実施中です。

PR TIMES
AI教習所株式会社
AI教習所岡山校

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報