海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 0.1秒でチェックインできる顔認証システム、東京駅スーパーホテルに導入。深夜帰館にも対応

Tech

0.1秒でチェックインできる顔認証システム、東京駅スーパーホテルに導入。深夜帰館にも対応

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アルメックス(以下、アルメックス)と株式会社スーパーホテル(以下、スーパーホテル)は、顔認証レセプションサービス「Cyphy-inn(サイフィイン)」をリリースしました。

まずは、6月27日(月)より“スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口”に導入。以降、全国のスーパーホテルへ地域・ホテルの特性を考慮し、順次導入を進めていくようです。

0.1秒チェックイン、館内の撮影はマスク着用可

「Cyphy-inn」は、公式アプリと館内のチェックイン機を連携させ、0.1秒で顔認証によるチェックインを可能にします。

ユーザーは、スーパーホテル公式アプリで宿泊予約と同時に自身の顔を登録。来館の際にチェックイン機で顔を撮影すると予約情報と照合し、セルフチェックインできます。来館時の撮影はマスク着用でも可能です。

なお、顔画像データは自身のスマフォ内のみで存在し、クラウドには画像再現不可能な特徴点データのみを伝送。クラウド上のデータは、チェックアウト時に自動削除されるようです。

深夜の再入館も顔パス

また、エントランスドア前に設置される非接触温度測定・顔認証AIカメラ「Cyphy-Gate」と連携。深夜(24時以降)外出から帰館した際、顔認証でエントランスドアを開錠できます。

「Cyphy-Gate」は、不特定多数の方が利用する店舗や施設において、0.1秒の温度測定とマスク着用を呼びかけるアルメックスのソリューション。基準値を超える温度を測定した場合は本人と管理者に知らせ、マスク未着用者には着用を促すアナウンスを流します。

両者のノウハウを集結してリリース

株式会社USEN-NEXT HOLDINGSのグループ会社であるアルメックスは、宿泊施設やレジャー施設、飲食店、医療機関などへ業務効率化を目的とするITトータルソリューションを提供中。

医療機関向けのオンライン資格確認対応顔認証付きカードリーダー「マイナタッチ」などを通じ、顔認証技術を培ってきました。

このたび、アルメックスが有する顔認証技術やホテルシステムのノウハウと、スーパーホテルのシステム担当者からの効率的なDB設計提案・アプリ設計・フロー指導などをかけ合わせ、「Cyphy-inn」のリリースに至ったとのことです。

PR TIMES(1)(2
「Cyphy-inn」サービスページ
「Cyphy-Gate」サービスページ
株式会社アルメックス

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報